beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

手本は香川真司…必殺の“食野ターン”!! U-22代表MF食野亮太郎「あれで生きていけ!! と」

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-22日本代表MF食野亮太郎(ハーツ)

 一瞬で状況を一変させる。その鋭さには王国・ブラジルの選手たちも手を焼いた。U-22日本代表MF食野亮太郎(ハーツ)は、自身の武器に自信を持っている。

 10月のブラジル遠征でU-22日本代表に初招集された食野は、同月14日に行われたU-22ブラジル戦で同代表デビュー。3-4-2-1の左シャドーの位置に入ると、「間で受けてドリブルで仕掛ける」という持ち味を発揮して躍動した。ターンで相手を置き去りにする場面を幾度となく生み出したが、このプレーは小学生の頃に香川真司を参考にして身に付けたものだという。

「小さい頃から公園で、親父と弟とずっと練習をしていた。親父がC大阪時代の香川真司選手のプレーをめっちゃ見ていて、『あのターンや!!』と。『身長が小さいから、あれで生きていけ!!』という感じになって、それからずっと練習していた」

 磨きをかけた鋭いターンは、ブラジルを手玉に取るまで進化。そして、今夏加入したスコティッシュ・プレミアシップのハーツでも、自身を支える武器となっている。「そこだけで言えば、誰にも負けたくないと思っているし、そこで生きていく選手だと思っている。他の部分はもっとレベルアップさせないといけないけど、ターンはさらに凄みを増していけるようにやっていきたい」。

 前日の14日に行われた広島との練習試合では、「相手がコンパクトで、なかなかスペースがなかった」と相手守備にも苦しめられて、“必殺技”を披露する場面は限られた。17日に行われるキリンチャレンジカップ・U-22コロンビア代表戦でピッチに立つ機会があれば、「反省を生かしてしっかりやりたい」と守備網を切り裂き、チームに得点をもたらしたい。

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

TOP