beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

横浜FCがJ1復帰王手!! 松尾V弾で岡山振り切って4連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

松尾佑介が決勝点(写真は10月27日の東京V戦)

[11.16 J2第41節 岡山0-1横浜FC Cスタ]

 J2リーグは16日、第41節が行われた。シティライトスタジアムではファジアーノ岡山横浜FCが対戦。MF松尾佑介の1点を守り抜いて1-0で勝利し、2007年以来のJ1復帰へ王手をかけた。

 昇格を目指す両者が相まみえた。9位岡山はプレーオフ出場圏内の6位徳島と勝ち点2差。ホーム最終戦で勝ってJ1昇格へ望みをつなぎたいところ。一方、2位横浜FCとしては、3位大宮と勝ち点73で並んでいるだけに、勝って自動昇格圏をキープして最終節を迎えたい。

 両チームの命運が懸かった一戦は前半24分に動いた。敵陣の右サイドでボールを奪ったDF北爪健吾がドリブルでカットインすると、PA中央に進入して相手を引きつけて左へラストパス。これをMF松尾佑介が右足ダイレクトでゴール右下に沈め、アウェーの横浜FCが先制に成功した。

 1点ビハインドの後半を迎えた岡山は立ち上がりから猛攻。5分、左サイドからDF廣木雄磨がグラウンダーのクロスを送り、FW赤嶺真吾が左足で合わせるもGK南雄太の好セーブに遭う。直後の6分にもMF上田康太の左CKから赤嶺がヘディングシュートを放つが、これもGK南のファインセーブに阻まれた。

 その後も岡山が押し気味に試合を進め、後半16分に左CKからFWイ・ヨンジェが押し込もうとしたが、ゴールライン上でMF佐藤謙介がクリア。MF仲間隼斗、FW山本大貴を送り込み、シュートシーンを多く作っていくが、44分にイ・ヨンジェのヘディングシュートが左ポストを叩くなど、最後までゴールネットを揺らすことはできなかった。

 試合は横浜FCが1-0で逃げ切って4連勝。他会場の3位大宮が新潟と引き分けたため、勝ち点差は『2』に広がった。なお、24日に行われる最終節はホームで愛媛と対戦する。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第41節 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP