beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「難しいとは思っていた」グリエーズマン、バルサでの苦悩を語る…中央での起用を希望?

このエントリーをはてなブックマークに追加

苦悩を語るFWアントワーヌ・グリエーズマン

 バルセロナFWアントワーヌ・グリエーズマンは、現在クラブに完璧にフィットしているわけではないと認めつつ、役割に適応しなければならないと感じているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。

 2014年にアトレティコ・マドリーに加入し、公式戦257試合で133ゴール50アシストを記録したグリエーズマン。長年ディエゴ・シメオネ監督の下で絶対的なエースとして活躍した後、今季から「夢のクラブ」であるバルセロナに加入した。

 バルセロナでの欠場は全公式戦で1試合のみと出場機会は得ているものの、成績は15試合で4ゴール3アシスト。まずまずの結果は残しているが、アトレティコ時代ほどのパフォーマンスは見せられないでいる。

 グリエーズマン本人も、簡単な挑戦ではないと考えていたようだ。フランス代表として臨んだアンドラ戦後(2-1)、「多くを学んでいる最中だよ。バルセロナに来ることは難しいとは思っていた」と語っている。

 現在バルセロナにはFWリオネル・メッシルイス・スアレスがいるため、グリエーズマンは中央ではなく左ウイングでの起用が多くなっている。だが、本人は「センターでプレーすれば、もっと順応できる。長く最前線でプレーしていたからね。今は適応する必要があるんだ」と語り、中央でプレーすることを望みつつも、現在の役割に慣れる必要があると考えているようだ。

 なおフランス代表のディディエ・デシャン監督も、「問題はポジション。アトレティコ・マドリーでの方が良いポジションだった」と、28歳FWは中央でプレーした方が真価を発揮すると語っている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP