beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「彼が着ていて悲しかった…」リバウドが“セレソンの10番”の扱いに不満

このエントリーをはてなブックマークに追加

アルゼンチン戦で背番号10をつけたルーカス・パケタ

 ブラジル代表のレジェンドであるリバウド氏が、“セレソンの10番”の扱いに不満を述べた。スペイン『マルカ』が報じている。

 ブラジルは15日、国際親善試合でアルゼンチン代表と対戦し、0-1で敗れた。今回の国際Aマッチウィークでは、FWネイマールが左ハムストリング負傷により欠場。そのため、10番のユニフォームはミランに所属する22歳のMFルーカス・パケタが着用し、先発出場したが、得点に絡めず前半のみの出場に終わった。

 リバウド氏は自身のインスタグラム(@rivaldo)を更新。「ブラジル対アルゼンチンの試合を見たよ」と綴ると、「パケタが10番のユニフォームを着ていて悲しかった。この10番のユニフォームは世界中で尊敬されている。ペレやリベリーノ、ジーコリバウドカカロナウジーニョ、そしてネイマールが着用した番号だ。ベンチに座ったり、ゲームの半分だけしかプレーしない人に与えられるべきではない。失礼だ」と主張した。

 ただ、リバウド氏は「パケタを責めるつもりはない」と述べ、チッチ監督らチームスタッフに対して「その番号の重さを知る必要がある。彼らは、パケタのような22歳の若手を焼き尽くしてはダメだ。パケタにはセレソンで素晴らしい未来が待っている。指揮官はレアル・マドリーでとても良いプレーをしているロドリゴを守ろうとしたように、パケタについてもこのユニフォームで戦うことから守れたはずだ」と疑問を呈した。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●セリエA2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP