beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

シュートゼロの上田綺世、2シャドーの堂安&久保と「100%合わなくても…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

1トップで先発したFW上田綺世

[11.17 キリンチャレンジカップ U-22日本代表 0-2 U-22コロンビア代表 Eスタ]

 シュートを1本も打てないまま前半でベンチに下がった。1トップで先発したFW上田綺世(鹿島)だが、2シャドーに入ったMF堂安律、MF久保建英とともに前線で孤立。堂安、久保の個人技に頼る攻撃が目立ち、チームとして連動した形はほとんど見られなかった。

「相手のラインが高かったので背後を狙いたいというのはあった。そうすれば下の2枚(2シャドー)も生きてくるし、前にボールが入ったときはうまく進められたけど、後ろからのピルドアップは距離感がうまくいかなかった。うまく前に運べなかったのは課題」

 サポートが少ないため攻撃に厚みが生まれず、上田が相手の裏を狙おうにもボールが出てこなかった。「後ろの3枚(3バック)からも引き出したり、課題は考えたらいろいろ出てくる」。堂安、久保との連係についても「うまくバランスを見て、デコボコをつくりながら、お互いを見ながらというのは話していた。そういう場面をうまくつくれなかった」と不完全燃焼だった。

 堂安、久保も最近はA代表の常連となっており、堂安に至っては今回がU-22日本代表初招集だった。もともと時間の限られた代表活動の中で連係面に課題があるのは致し方ない部分もある。それでも上田は「コンビネーションが100%合わなくても、点を取れる技術のあるメンバーがそろっている」と言い訳せず、攻撃陣の一人として無得点に終わった責任を感じていた。

(取材・文 西山紘平)
▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

TOP