beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本代表、ベネズエラに4失点完敗…ドイツメディアが寸評「重大な敗北」

このエントリーをはてなブックマークに追加

前半だけでハットトリックを達成したサロモン・ロンドン

 日本代表のベネズエラ戦について、ドイツメディア『キッカー』は「重大な敗北」と表現している。

 キルギス戦終了後、MF南野拓実やDF吉田麻也など森安ジャパンの中核を担ってきたメンバーが離脱し、国内で好調を維持するメンバーで臨んだベネズエラ戦。しかし前半の内にFWサロモン・ロンドンにハットトリックを許すなど、4失点で守備が崩壊。後半は盛り返して1点を返したが、反撃はここまで。ホームで1-4と完敗を喫した。

 この一戦について『キッカー』は、「26分でハットトリック:ロンドンが日本を苦しめる」と題し、以下のように評している。

「日本代表は19日、ベネズエラ相手に1-4と重大な敗北を喫した。前半の45分間、ホスト国は混乱に陥った。特にストライカーのロンドンによって」

「FIFAランキングで2つ劣るサムライブルーは自信を取り戻したいと考えていただろうが、それは正当に裏目に出た。わずか8分でロンドンは簡単にクロスをヘッドで決め、30分にも2点目。そのわずか3分後には、ロンドンはパーフェクト・ハットトリックを達成した」

「ハーフタイム前、日本はさらに悪化。ジェッフェルソン・ソテルドは、相手からのプレッシャーなしで力強くゴールを奪った」

「0-4となりホームチームには失望がくすぶった。後半には元ハノーファーの山口が1点を返した」

 2017年12月に行われたEAFF E-1サッカー選手権の韓国代表戦以来となる4失点完敗を喫した日本代表。この敗戦は、今後のチームに何らかの影響があるかもしれない。

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP