beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ボローニャ地元紙もCB冨安健洋に納得「良い結果。壊滅の守備で彼が唯一の救い」

このエントリーをはてなブックマークに追加

復帰戦でセンターバックを務めたDF冨安健洋

 ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋は、24日のパルマ戦に先発出場し、地元紙『コリエレ・ディ・ボローニャ』から高く評価された。

 ボローニャは24日、セリエA第13節でパルマとホームのスタディオ・ダッラーラで対戦。前半17分にデヤン・クルセフスキの先制点を許したが、同40分にコーナーキックからロドリゴ・パラシオのゴールで同点に追いついた。その後、後半26分に再び失点したボローニャだったが、試合終了間際にブレリム・ジェマイリが豪快なボレーシュートをねじ込んで2-2の引き分けに持ち込み、連敗を3でストップさせた。

 ケガから復帰し、約1か月半ぶりにセリエAのピッチに立った冨安は、同僚のセンターバック2人の出場停止に伴い、ボローニャ移籍後初めてCBとして出場。ネウエン・パスと交代する後半39分までプレーした。地元紙は、先発した守備陣で唯一となる及第点の「6.5」をつけ、チーム内最高評価を得たジェマイリの「7」に次ぐ高い評価を与えた。

「復帰戦においてボローニャでCBとしてのデビューを飾ると、事実上、良い結果をつかんだ。前半、(パルマのマッティア)スプロカーティが2-0にするのを阻止。壊滅状態の守備において、彼が唯一の救いだった。ただその後、足をつって交代した」

 なおチーム内最低点は、冨安とCBのコンビを組んだステファノ・デンスビルの「4」。「絶望して髪をかきむしるべき内容だった。試合を終えるごとに彼はミステリーになりつつある。(スポーツディレクターのリッカルド)ビゴンや役員らは彼の何を見て、600万ユーロ(約7.2億円)を投資したのか」と酷評した。

●海外組ガイド
●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP