beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

モウリーニョ、逆転劇を演出したボールボーイとハグ「重要な“アシスト”だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボールボーイに駆け寄ったジョゼ・モウリーニョ監督

 トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、同点ゴールを演出したボールボーイに感謝している。英『BBC』が伝えた。

 26日、トッテナムはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第5節でオリンピアコスをホームに迎え、4-2で逆転勝利。最終節を前にグループリーグ突破が決まった。

 注目を集めたのは、1点ビハインドの後半5分のシーンだ。敵陣の右サイドでボールがタッチラインを割った際、ボールボーイが素早くボールを渡すと、DFセルジュ・オーリエのスローインからMFルーカスがPA右まで運んで中央へ折り返す。これをFWハリー・ケインが押し込んで同点。2点ビハインドからの逆転勝利へとつながった。

 モウリーニョ監督は、チェルシーマンチェスター・ユナイテッドを率いた際にもボールボーイの重要性について語っており、ユナイテッド時代にはボールを渡すタイミングが遅かったことを理由に、本拠地オールド・トラフォードのボールボーイを全員クビにしたと報じられていた。

 ケインの同点ゴールの直後、ボールボーイのもとに駆け寄り、ハグしたモウリーニョ監督。試合後のインタビューで「私のような知的なボールボーイが好きだ。私は子どものころ、素晴らしいボールボーイだった。そして、あの少年は今日、素晴らしかった。彼はゲームを読み、ゲームを理解し、重要なアシストをした」と賞賛。「試合後、チームと祝うために彼をロッカールームに招待しようと思ったが、彼はもういなかった」と上機嫌に語っていた。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信

TOP