beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

琉球がトップ昇格3選手が1年で“クビ”…トップ昇格4選手全員が1年で退団へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

FC琉球が1年目ルーキーの契約満了を発表

 FC琉球は28日、DF福井凛音(19)、FW井口綾人(18)、FW与那城智希(18)の契約満了を発表した。3選手とも試合出場はなかった。

 いずれの選手も今季より琉球U-18からトップ昇格した選手で、1年で“クビ”というプロの厳しい現実をみせられる結果となった。

 琉球U-18からは昨オフに3選手のほかに、FW國場虎次朗がアマチュア契約でトップ昇格を果たしていたが、7月に沖縄国際大サッカー部へ移籍。昇格した4選手全員が1年で退団することになった。

 クラブを通じ、福井は「試合に出場することはできませんでしたが、プロの厳しさとレベルの高さをこの年齢で実感出来たことはかけがえのない宝物です」。与那城は「次のステージでFC琉球で学んだ事を活かして活躍します」と意気込んだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP