beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

泥沼続くスペイン代表…前監督モレノはL・エンリケ会見に「非常に不愉快な瞬間」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロベルト・モレノが本音をぶちまけた

 スペイン代表の前監督であるロベルト・モレノが、ルイス・エンリケ監督の記者会見について返答している。

 エンリケ監督は6月に「個人的な事情」により代表監督を辞任。8月に愛娘がガンで亡くなっていたことを明かしていた。その後、スペイン代表はアシスタントコーチであったモレノが率いてEURO2020本大会出場を決定。しかし、11月19日にエンリケが監督の座に復帰し、モレノ監督は実質的に解任となってしまった。

 この一連の出来事にモレノは「不誠実」と批判。エンリケのコーチングスタッフに戻る道を選択はしなかった。エンリケ監督は復帰後最初の記者会見で「彼が私のスタッフにいない責任は私にある。私はもう会わないこと、いつ戻ってくるかはわからないが、一緒に仕事をしたいと思っていることを伝えた」と語っていた。

 この発言にモレノ氏が応答。「非常に不愉快な瞬間。これは望んでいなかった」と語っている。

「昨日、私は個人的に攻撃され、非難された。エンリケが辞任したあと、協会は私とそのスタッフで戦うことを計画し、プロジェクトも私のものだった。しかし、私はオファーを受け入れる前にエンリケに許可を求めた。受け入れなければ、別の監督が生まれていただろう。9月12日にエンリケは私に『君の仕事は良かった。誇りに思う』と言ってくれた。会談のときに、私は仕事を続けたいと言ったし、それは正しかったと思う」

「それから、ルイス・エンリケが戻ってきたいと思っていることがわかり、忠実であることを示そうとした。協会にも一歩先へ進みたいと伝えたよ」

 エンリケへの不満を述べたモレノ氏。いずれにしても2人がスペイン代表で再び仕事をすることはなさそうだ。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●EURO2020予選特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP