beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「サッカーは高校で辞めるつもりだった」…”無名の存在”明治大DF中村帆高がFC東京入団を勝ち取るまで

このエントリーをはてなブックマークに追加

中村帆高(左)はMF安部柊斗とともにFC東京に進む

「ずっとサッカーは高校で辞めるつもりでした。正直、やりたくなかったというのが本音。明治大のセレクション参加も記念受験みたいな感じ。今だから言えますが、受かるとは思っていませんでしたから」

 プロ選手になれるとは夢にも思っていなかった。

 明治大からFC東京に入団するDF中村帆高(4年=日大藤沢高)は神奈川県横須賀市出身で、中学時代までを横浜FMの下部組織で過ごし、日大藤沢高に進学。2年時に日大藤沢高は全国選手権で4強を経験するが、メンバー外でスタンド応援だった。

 無名の存在。3年生になってレギュラーの座を掴みインターハイに出場したが、冬は県予選敗退。もちろん高校時代にJクラブから目をかけられることもなく、県レベルでは同学年にFW小川航基(桐光学園、現水戸)がいたが、一回も自身の口から「プロ」という言葉を発することはなかった。「もうサッカーはやりなくない」。大学選びはサッカーと関係ないところで決めようと考えていた。

 しかし周囲は才能を放っておくことをしなかった。日大藤沢高の佐藤輝勝監督は大学サッカー部のセレクションを受けるように何度も説得。中村帆は断り続けたが、DF小野寺健也(4年=日大藤沢高)の付き添いで、“仕方なく”明治大のセレクションに参加することになった。

 だが本人は「記念受験」と振り返るが、栗田大輔監督は一目見た瞬間に才能に惚れ込んだという。「体のバネやスピード。性格の中身までは分からなかったけど、単純に能力が凄いなと思いました」。セレクションでは歴代数々のJリーガーを育ててきた名将も唸るほどの才能を見せつけた。

 受かってしまった――。中村帆は「俺、本当に大学でサッカーやるのか」と数日間、悩む日々を過ごしたという。そして両親には「サッカーをやりたくない」と素直な気持ちを明かしていたというが、周囲の期待を裏切ることができず、明大への進学を決断。「やるからにはやろう」と決意を固め、名門サッカー部の門を叩いた。

 ただ入学当初はレベルの高さに戸惑った。先輩たちは将来、プロになる選手ばかり。同学年にも高校時代、プレミアリーグで得点王に輝いたFW佐藤亮(FC東京U-18)や、インターハイと全国選手権で2冠を飾った東福岡高の主将MF中村健人ら、そうそうたる選手がいた。「正直、入学するとき試合に出たいとは思っていたけど、親からも別に試合に出なくてもいいんだよと言われていた」。事実として2年生まではセカンドチームで過ごしている。

 そんな中でも栗田監督は、中村帆の才能を何とか開花させたいと考えていたという。重ね合わせたのは、OBで現在日本代表に選出されるDF室屋成(FC東京)。「今の場面、成だったらこうするよ」と毎日のように声をかけて、叱咤してきたという。そして中村帆の性格面を根本的に変えてやろうという思いで意図的に厳しく接してきたが、そのことがいい意味での反骨心を生むことになる。

「試合に出て栗田さんを見返してやろう」

 急成長を遂げた中村帆を栗田監督は3年時よりレギュラーとして起用。浦和レッズに進んだDF岩武克弥をCBに回してまで、中村帆を右SBで抜擢した。「スピードがホタは凄いので、どう開花させようか、どう自信をつけさせようかと考えた。起用することで“出来る強さ”を自信としてつけていけば、出来ない部分をごまかすというか、逆にそこも伸びてくることはあると思ったので積極的に起用しました」。

 中村帆自身も抜擢に感謝する。「プレーがいいからスタメンにしてもらったんじゃなくて、成長を見込んで使い続けてくれたと思っている。栗田さんには下級生のころからずっと怒られてきましたけど、自分にこれだけ本気で向き合ってくれた人は初めてだった。他の大学に行っていたらここまでになっていない。明治だったからというのは大きいと思っているので、本当に感謝しています」。

 そんな中村帆は明大のレギュラーとして総理大臣杯連覇を経験。4年時には全日本大学選抜の一員としてユニバーシアード大会で金メダルを獲得。リーグ戦では大会記録の勝ち点を更新した“史上最強の明治”の欠かせない戦力になった。そしてFC東京からオファーが届き、卒業後の入団が内定。大学に行ってまでサッカーを続けたくないと考えていた高校生は、いつの間にかサッカーを続ける大学生の憧れの的になっていた。

 これからの目標は恩返し。サッカーを続けさせてくれた、自分の才能を認めて応援し続けてくれた両親、恩師、すべての仲間のためにもプロでの更なる飛躍を誓う。

「自分は気づいたらユニバ代表に選ばれていたり、気づいたらFC東京からオファーを頂けたという選手なので、どんな選手になりたいという目標にする選手はいません。東京に行くと室屋成さんという大きな先輩がいるけど、一年目から東京の勝利に中心選手になって勝利に貢献したいなと思います」

「両親はいつでも自分の決断を尊重してくれる。やるからには全力でやりなさいと、どんな時も4年間応援してくれていた。呼べるような選手にならないといけないけど、味スタでプレーする姿をみせられたら、恩返しになるのかなと思います」

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●第93回関東大学L特集

TOP