beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

負傷交代の横浜FMマルコス、指揮官は「問題ないと思う」と説明

このエントリーをはてなブックマークに追加

今節も躍動したMFマルコス・ジュニオール

[11.30 J1第33節 川崎F1-4横浜FM 等々力]

 横浜F・マリノスのMFマルコス・ジュニオールが負傷交代となった。最終節への影響が懸念されるが、会見に出席したアンジェ・ポステコグルー監督は「詳細は聞いていないが、頭を打ったところでくらっとしたと聞いている。問題ないと思う」と説明した。

 後半10分、MF家長昭博のFKを頭で跳ね返したマルコスはその直後、ピッチに倒れこんだ。一時試合が中断されたが、プレーに復帰し、直後の後半12分に決定機。カウンターから左サイドの連携で崩し、MFマテウスが斜めにスルーパスを入れると、完全に裏を取ったマルコスがGKをかわす右足ループ。シュートは無人のゴールに向かったが、カバーに戻ったDF谷口彰悟にぎりぎりでクリアされた。

 この日も中盤のスペースを動き回って相手のマークを絞らせず、攻撃の起点となったマルコス。交代が告げられて悔しがる姿も見せたが、後半13分にピッチを退いた。「試合から外れたくなかった、続けたかったのが正直な気持ち。だけど冷静になってベンチに入ったら確かに少しぼーっとしたところがあった。冷静になればあのとき交代して正しかったと思う」。そうして状況を振り返ったマルコスは「大事なのはチームがいいプレーを続けて、チームとして勝利を手にしたこと」と力説した。

 一週間後は“優勝決定戦”。ホームに迎え撃つFC東京との直接対決に向けて、「今年の初めからやってきたサッカーを最終戦でしっかりピッチの上で表して、サポーターに喜んでもらえるいい結果を残したい」と意気込みを語った。

(取材・文 佐藤亜希子)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP