beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

堂安先発のPSVはエメンとドロー…際はフル出場、中山は出場なし

このエントリーをはてなブックマークに追加

PSVのMF堂安律

 オランダ・エールディビジは1日、第15節を各地で開催した。

 MF堂安律が所属するPSVエメンのホームに乗り込んだ。堂安は7試合連続の先発出場。前半15分にDFダニエル・シュワープの得点でPSVが先制するも、後半7分にエメンに同点に追い付かれてしまう。すると同22分にPSVベンチが動き、堂安に代わってFWコーディ・ガクポを投入。しかし、その後もスコアは動かずに1-1の引き分けに終わった。

 DF中山雄太とDFファン・ウェルメスケルケン・際が所属するズウォレフェイエノールトのホームに乗り込み、0-1の完封負けを喫した。際は先発フル出場を果たし、ベンチスタートとなった中山に出場機会は訪れなかった。

●海外組ガイド
●オランダ・エールディビジ2019-20特集
●堂安、板倉の試合も!!“初月無料”DAZNでハイライト配信中

TOP