beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関西]昨季降格の同志社大が1部返り咲き! 京産大は大教大との接戦制して残留成功:1部2部A入替戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

同志社大が再び1部へ

第97回関西学生サッカーリーグ1部


 第97回関西学生サッカーリーグの1部-2部Aの入れ替え戦が1日に行われた。2部Aで3位の同志社大が1部10位の大阪産業大に5-4で勝利。昨季の降格から1年での1部返り咲きを決めた。

 同志社大は前半12本のシュートを放ち、猛攻を仕掛ける。前半9分にFW中野優太(3年=清水ユース)が先制点を挙げると、同23分にはMF大雄一生(3年=東山高)が混戦から押し込んで追加点。さらに29分にFW長谷川雄大(3年=海星高)、42分には再び中野がゴールを決め、前半を4-0で折り返す。

 さらに同志社大は後半5分、MF池平直樹(2年=岡山学芸館高)がFW竹田そら(4年=岡山学芸館高)のアシストからダメ押しの5点目。5-0と大量リードとしたが、ここから大産大の猛反撃が始まる。

 大産大は後半13分、MF出津真哉(2年=鹿島ユース)がDF深澤卓真(3年=明誠学院高)のパスから1点を返すと、同32分にDF小池万次郎(4年=町田ユース)がチーム2点目を挙げる。2-5で迎えた42分にはDF戸田拓海(4年=鹿島ユース)がゴール。3-5と2点差まで縮めた。

 追い上げムードの大産大は後半アディショナルタイム5分過ぎ、FW中岡想羅(2年=筑陽学園高)のパスから再び出津がゴールを決め、いよいよ4-5と1点差に。しかしそこでタイムアップとなり、昨季1部昇格を果たした大産大は再び2部Aに、昨季降格の同志社大は再び1部昇格を決めた。

 1部9位の京都産業大は2部Aの大阪教育大と対戦。DF美馬和也(4年=神戸U-18)が開始10分で先制に成功すると、1-0で折り返した後半10分には大教大に同点に追いつかれてしまう。しかし京産大は同17分、MF杉田迅(1年=京都U-18)のお膳立てからDF石川貴登(2年=流通経済大柏高)が勝ち越し弾。そのままリードを守り切り、京産大が1部残留を決定させた。

 この結果により、来季の1部リーグは大阪体育大関西学院大びわこ成蹊スポーツ大桃山学院大立命館大関西大阪南大近畿大甲南大大阪学院大京都産業大同志社大となった。

●第97回関西学生リーグ特集

TOP