beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「真の紳士だ」バルサが宿敵レアルのモドリッチを絶賛

このエントリーをはてなブックマークに追加

メッシのバロンドール受賞を祝福したMFルカ・モドリッチ

 バルセロナレアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが見せたスポーツマンシップに対し、「真の紳士だ」と称賛の言葉を送っている。

 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は2日、パリでバロンドールの授賞式を開催し、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが歴代単独最多となる4年ぶり6度目の受賞を果たした。

 モドリッチは2018年にバロンドールを初受賞。2008年から2017年までの10年間、同賞を独占してきたメッシとユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの牙城を崩したが、今回は候補者30名に入ることはできなかった。

 それでもクロアチア代表MFは受賞者を祝うため、パリで行われた表彰式に出席。ライバルクラブのバルセロナに所属するメッシに対し、笑顔でトロフィーを手渡した。

 その後、モドリッチは自身のツイッター(@lukamodric10)でトロフィーを授与した際の写真を投稿し、「スポーツとサッカーは勝つことだけでなく、チームメイトやライバルをリスペクトすることでもある」とコメント。これに対し、バルセロナの公式ツイッター(@FCBarcelona)は「真の紳士だ」とリプライを送った。

 スペイン『マルカ』も「2人の偉大なサッカー選手の美しい姿」と、その素晴らしい関係性を称えている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP