beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

古巣バルサファンからのブーイングに喜び?久保建英「僕は幸せです」

このエントリーをはてなブックマークに追加

古巣バルセロナ戦で存在感を示した久保建英

 マジョルカに所属する日本代表MF久保建英(18)が、古巣サポーターからのブーイングを喜んだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。

 マジョルカは7日、リーガ・エスパニョーラ第16節でバルセロナの本拠地カンプ・ノウに乗り込み、2-5で敗れた。

 バルセロナ下部組織育ちの久保は、初凱旋試合で先発出場。レアル・マドリー行きを選択したことで古巣サポーターからブーイングを浴びたが、積極的にボールに絡むだけでなく、持ち前のテクニックでバルセロナの守備陣を脅かし、2ゴールの起点になるなど存在感を示した。

 久保はバルセロナファンからの洗礼に対して、「それはサポーターが決めることです。僕は(レアル移籍を)決断を下し、彼らはブーイングする権利がある」と理解を示し、「僕はそれに値すると思います。彼らはそれなりにうまくやっている18歳ではなく、ライバルとして見てくれた。僕は幸せです」と、プロ選手として認められたことを喜んだ。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP