beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

完封目前…長身ヘッドに屈したDF畠中「ああいうところがまだまだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF畠中槙之輔(横浜FM)

[12.10 E-1選手権 日本2-1中国 釜山九徳]

 完封勝利が目前となった後半45分、日本代表は前半から手を焼いた長身FWドン・シュエシェンにヘディングシュートを決められ、今大会初失点を喫した。守るべきエリアを破られたDF畠中槙之輔(横浜FM)は「あれは完全に僕ですね。ああいうところがまだまだ」と悔しそうに振り返った。

 所属先の横浜FMでも何度か脆さを見せていた背後へのクロス対応だった。「最後だけいいボールが来たけど、ああいうところでいいボールが来た時に初めてやらないといけないことがあるという場面。ナメていたり、油断していたわけではないけど反省しないといけない」と課題を突きつけられる形となった。

 この日、畠中が任されたの3バックの右ストッパー。所属クラブとは反対サイドに位置する形となったが、地上での対人守備では変わらぬ安定感を見せ、攻撃ではポスト直撃のシュートを放ったり、浮き球パスを前線まで一気に通したり、味方を一人飛ばすパスをサイドに展開したりと絶大な存在感だった。

 それでも「自分の感覚的にはもっとつなげたし、前に蹴ってしまってもったいないところがあった」と満足せず。「ある程度自分のところでリズムは作れたと思うけど、前へのパスは狙っていたので思ったよりそういうプレーが少なかった」。まだ初戦が終わったばかり、その向上心は次の試合につなげていく構えだ。

(取材・文 竹内達也)
●EAFF E-1選手権2019特集ページ

TOP