beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

なでしこジャパン、E-1選手権で台湾に9発大勝発進

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW岩渕真奈とハイタッチするFW小林里歌子

[12.11 E-1選手権 日本女子9-0台湾女子 釜山]

 EAFF E-1サッカー選手権2019は11日、女子の第1節2日目を行い、日本女子代表(なでしこジャパン)は台湾女子代表に9-0で大勝した。

 4-4-2の日本はGK池田咲紀子、4バックは右からDF清家貴子、DF南萌華、DF三宅史織、MF遠藤純と並んだ。中盤はDF松原有沙とMF栗島朱里がダブルボランチを組み、右にMF中島依美、左にFW小林里歌子。FW岩渕真奈とFW田中美南が2トップを組んだ。右サイドバックの清家とボランチの栗島はこれが代表デビュー戦となった。

 序盤から一方的に攻め立てた。前半7分、岩渕が中央をドリブル突破。PA手前から右足を振り抜き、先制点を奪った。同9分には松原の縦パスから田中がゴール前に抜け出し、左足でシュート。連続ゴールで2-0とリードを広げた。

 さらに前半17分、三宅のロングフィードを岩渕がヒールで落とし、小林が右足で追加点。3-0と突き放し、その後も日本がゲームを支配し続けた。前半38分に田中のPKで4点目。同44分には小林の素早いリスタートから遠藤の折り返しを松原が押し込み、前半だけで5-0と大量リードを奪った。

 日本はハーフタイムに田中と遠藤を下げ、FW池尻茉由とMF林穂之香を投入。池尻は右サイドハーフ、代表デビューとなる林はボランチに入り、小林が2トップの一角、中島が左サイドハーフ、松原がセンターバック、三宅が左サイドバックにそれぞれポジションを移した。

 後半8分、投入されたばかりの池尻がドリブル突破でPKを獲得。これを自ら左足でゴール右に決め、自身の代表初ゴールで6-0とした。後半21分には中島の左FKに清家が頭で合わせ、デビュー戦で初ゴール。同26分には岩渕が右足ミドルで自身2点目を決め、8-0と突き放した。

 後半アディショナルタイム、中島のシュートをGKが弾いたこぼれ球を池尻が右足で押し込み、9-0。池尻の2得点目でダメを押した。4大会ぶりの優勝を目指すなでしこジャパンが怒涛のゴールラッシュで白星発進。第1節終了時点で首位に立った日本は14日の第2戦で中国、17日の最終戦で韓国と対戦する。

 高倉麻子監督は試合後のインタビューで「選手同士がいろんな工夫をしてゴールに向かえたかなと思う」と指摘。さまざまな選手を複数のポジションで起用しながらの9得点に「いろんな選手が点を取ったことは収穫。いろんなポジションでやれることを選手には求めている」と手応えを口にした。

●EAFF E-1選手権2019特集ページ

TOP