beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

インテル指揮官コンテ「敗退から得られるものがある」バルセロナに敗れGL3位も選手たちに賛辞

このエントリーをはてなブックマークに追加

選手たちを称えたアントニオ・コンテ監督

 現地時間10日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)・グループFの第6節、インテルvsバルセロナでは1-2でアウェーのバルセロナが勝利を収めた。

 この結果、バルセロナは勝ち点14でグループ首位通過。インテルは勝ち点7となったが、第6節でドルトムントがスラビア・プラハを下して勝ち点10となり、ドルトムントが2位通過、インテルはグループ3位でUEFAヨーロッパリーグ(EL)のラウンド32へ回ることに。

 試合後、インテルのアントニオ・コンテ監督はイタリア『Sky』のマイクを通して「選手たちは全力を尽くしてくれた」と、チームの奮闘を労った。

「我々には勝つチャンスがあった。ある程度チャンスを作り出すこともできたが、フィニッシュの場面で完全な優位を生み出すことができなかった。1-2で敗れたことは残念だが、選手たちは全力を尽くしてくれたから、私から何か注文を付けることはない」

「ジュゼッペ・メアッツァのファンも素晴らしい雰囲気を作り出してくれた。彼らを失望させてしまったことは申し訳なく思っている。異なる結果を求めていたのだが……」

「この厳しいグループで、もっとふさわしい結果を出せたとも思っている。みんなが失望をしているが、顔を上げて前へと進まなくてはならない。この敗退から貴重な経験が得られたはずだ」

 また、コンテ監督は86分に決勝点を決めたバルセロナFWアンス・ファティについて「あのゴールはあらゆる面で我々にとってとどめの一撃となったね」と語り、17歳のFWに賛辞を贈っている。

●セリエA2019-20特集
●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP