beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

冨安健洋に元Jリーガー率いるレバークーゼンが再び興味?14億円でオファーか

このエントリーをはてなブックマークに追加

冨安健洋にドイツ移籍の噂

 ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋(21)に対し、ブンデスリーガのレバークーゼンが獲得に興味を示しているようだ。イタリア『トゥット・メルカート・ウェブ』が伝えた。

 今季、ベルギーリーグのシントトロイデンからボローニャに加入した冨安は、本職のセンターバックではなく右サイドバックで起用されながらも、公式戦11試合に出場。1年目でレギュラーに定着し、地元メディアから高い評価を得ている。

 今回の報道によれば、シントトロイデン在籍時から冨安に関心を抱いていたというレバークーゼンが、1月の移籍市場で再び獲得に動く模様。ボーナスを含めて1200万ユーロ(約14億5000万円)を超えるオファーを用意しているようだ。

 現在レバークーゼンの指揮を執るのは、現役時代にジェフユナイテッド千葉でプレーしたピーター・ボス監督。2017年にはドルトムントでMF香川真司を指導した経験もある。なお、レバークーゼンはここまでブンデスリーガ14試合を終えて、7勝4分3敗で6位につけている。

●セリエA2019-20特集
●海外組ガイド
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

TOP