beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

守備崩壊で12分間4失点…菅原先発AZは完敗、ゴールラッシュ披露のマンUが首位通過

このエントリーをはてなブックマークに追加

AZのDF菅原由勢

[12.12 EL グループL第6節 マンチェスター・U 4-0 AZ]

 UEFAヨーロッパリーグリーグ(EL)は12日、グループリーグ第6節を各地で行い、L組ではDF菅原由勢が所属するAZ(オランダ)がマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)のホームに乗り込み、0-4の完封負けを喫した。先発出場した菅原は後半23分までプレーしている。

 勝ち点10で首位のマンチェスター・Uと同9で2位のAZは、ともにグループリーグ突破を決めており、最終節は首位通過を賭けた一戦となった。前半4分には右ウイングの位置でスタートした菅原がファーストシュート。左サイドのFWウサマ・イドリッシが送ったクロスをPA外で胸トラップし、振り向きざまに右足で狙うなど積極的な姿勢を示した。

 ともにゴールに迫る場面を作りながらも0-0のまま前半を折り返すと、後半立ち上がりにホームのマンチェスター・Uがゴールラッシュを披露。後半8分、MFネマニャ・マティッチのスルーパスをPA内で受けたMFフアン・マタが左から送ったグラウンダーのクロスはファーサイドまで流れるが、MFアシュリー・ヤングが豪快に叩き込んでホームチームが先制に成功する。

 後半13分にはPA外でこぼれ球を拾ったFWメイソン・グリーンウッドが左足のシュートでネットを揺らし、マンチェスター・Uのリードは2点差に。さらに同16分にはグリーンウッドがPA内でMFヨルディ・クラシのファウルを誘ってPKを獲得すると、キッカーを務めたマタがきっちり沈めてスコアは3-0となった。

 攻撃の手を緩めないマンチェスター・Uは後半19分にグリーンウッドが左足シュートを突き刺して4点目。先制からの12分間で一気に4ゴールを奪取した。すると同23分にAZベンチが動き、菅原に代わってDFロン・フラールがピッチへと送り込まれる。

 その後スコアは動かずに試合終了。4-0で勝利したマンチェスター・Uの首位、敗れたAZの2位通過が決定した。

●海外組ガイド
●ヨーロッパリーグ(EL)19-20特集
●日本人選手の活躍をチェック!!“初月無料”DAZN独占配信

TOP