beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鎌田、長谷部は及第点評価もチームでは上位に…フランクフルトは逆転負け

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールを挙げたMF鎌田大地

 フランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠のギマランエス戦の評価は及第点となった。

 フランクフルトは12日、ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ最終節でギマランエスと対戦。先制点を許すも、フランクフルトは前半のうちに追いつくと、鎌田大地のゴールで逆転に成功する。しかし、終盤に続けて2失点を喫し、2-3の逆転負けとなった。

『フランクフルター・ルンドシャウ』では、鎌田はチーム内でフィリップ・コスティッチに次いで2番目に高い評価に。寸評では、「最初はうまく試合に入れていなかったが、徐々に存在感を増していった。38分にはいいランニングからリードを奪った」とゴールを評価された。

 また、最終ラインでフル出場した長谷部もチーム全体で4番目に高い評価に。「失点では一歩遅かった。ゲームがオープンとなったあとに正しい軌道に乗せようとしていた」とビルドアップでの貢献を記している。

 なお、敗れたフランクフルトだったが、他会場の結果により辛くも2位通過が決まっている。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集
●ヨーロッパリーグ(EL)19-20特集
●日本人選手の活躍をチェック!!“初月無料”DAZN独占配信
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP