beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

旭川実から5発も後半失速…気を引き締めるFC東京U-18、昨年の悔しさ晴らす舞台へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制点を決めたFC東京U-18のMF常盤亨太(2年)

[12.13 プレミアPO1回戦 FC東京U-18 5-0 旭川実 広域第一]

 来季からのプレミアリーグ昇格をかけた高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019プレーオフの1回戦が13日に行われた。広島広域公園第一球技場で行われたFC東京U-18(関東1/東京)と旭川実高(北海道2)の一戦は、MF常盤亨太(2年)の先制点を皮切りに5点を奪ったFC東京が大勝した。

 1年でのプレミアリーグ復帰を狙うFC東京が幸先の良いスタートを切った。しかし、前半10分にゴール前でのこぼれ球からFW小林里駆(3年)がシュートを放つも、以降はGK桑島瑠司(3年)を中心に落ち着いた守りを見せた旭川実を崩せない場面が続いた。

 それでも、小林とFW宮田和純(3年)の2トップを起点に、MF金誠敏(3年)とMF角昂志郎(2年)の両翼がサイドを仕掛けてチャンスを演出。28分に左CKから常盤がヘディング弾を決めて先制すると、43分には右CKを小林が頭で合わせて2点目をマーク。前半アディショナルタイム1分にも左CKから常盤がゴールネットを揺らした。

「緊張感のあるゲームなので、前半は0-0かもしれないと思っていた。よく前半のうちに点が獲れた。うちは上手いチームじゃないので泥臭くセットプレーで点を獲らないと勝てない。自分たちの特徴を上手く出してくれた」と振り返るのは中村忠監督。前半のうちに試合の大局を決めたFC東京は後半に入ってからも、攻撃の手を緩めない。5分には左からのカットインを狙った小林がPA内で倒され、PKを獲得。小林が自ら決めて4点差まで引き離した。

 効率良くゴールを積み重ねてきたFC東京だが、ここからは5人のメンバーを替えたことと大差による気の緩みからミスが散見。後半32分には、途中出場の旭川実MF齊藤莞太(3年)にフリーでシュートを打たれるなどしたが、中村監督が「自分たちの今年の強みは守備。プリンスでも最少失点だったので、集中力を切らさず全員で守備すれば、失点することはない」と評する守備が堪えて無失点を維持。アディショナルタイム3分にはDF大森理生(2年)が5点目を奪い、5-0で試合を終えた。

 大勝にも関わらず、試合後のFC東京の選手に笑みは少ない。「プレミアに上がることを目標にする中で初戦をしっかり勝てたのは大きいけど、後半の内容が次に繋げるのは難しい。次は締まったゲームになると思うので、後ろから集中を保ちたい」と、最後尾からチームメイトを見てきたGK野澤大志ブランドン(2年)は話す。

 選手が気を引き締めるのは、昨年にプレミア降格を味わった選手が多いためだ。この1年は例年以上にU-23でプレーする選手が多く、チーム作りは難しかったが、代わりにU-18チームで出場機会を掴んだ選手が奮闘することでカバーしてきた。

 チームをけん引してきた小林は「昨年はずっと試合に出ていたのに、最終節は怪我で出られなかった。外から応援して、皆が降格を悔しがっている光景を見た。あの光景があったから、今年は1年でまたプレミアに戻ろうと頑張れた」と口にする。

 後半の失速を課題として挙げた中村監督も、「昨年、試合に出て悔しい想いをした選手もいるので、次の試合で全部出し切り勝ち切って欲しい」と選手にエールを送る。続く、2回戦のモンテディオ山形ユース(東北1/山形)戦でも白星を手にして、喜びを爆発させる姿を見せてくれるはずだ。

(取材・文 森田将義)
●高円宮杯プレミアリーグ2019特集
●高円宮杯プリンスリーグ2019特集

TOP