beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鎌田は途中出場、長谷部は出番なし…10人の相手に勝てずフランクフルト5戦未勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

途中出場したMF鎌田大地

[12.15 ブンデスリーガ第15節 シャルケ1-0フランクフルト]

 ブンデスリーガは15日、第15節を行い、日本代表MF鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトシャルケと対戦し、0-1で敗れた。鎌田と長谷部は揃ってベンチスタートとなり、鎌田は後半9分から途中出場。長谷部は出番がなかった。

 12日にUEFAヨーロッパリーグ(EL)・ギマランエス戦を戦ったフランクフルトは中3日のリーグ戦でターンオーバーを敢行し、鎌田と長谷部は揃ってスタメンから外れた。後半8分に先制を許すと、直後に鎌田を投入して反撃に出た。

 すると後半21分、MFミヤト・ガチノヴィッチがGKアレクサンダー・ニューベルに倒され、ニューベルは一発退場。シャルケは10人になったが、フランクフルトは数的優位を生かせず、0-1で零封負け。リーグ戦5試合未勝利(1分4敗)と不振から脱却できなかった。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP