beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

韓国に屈しカップ掲げられず…キャプテン佐々木翔「厳しい前半だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

表彰を終え、唇を噛むDF佐々木翔

[12.18 E-1選手権 日本0-1韓国 釜山]

 キャプテンとして壇上に立つ表情は厳しかった。引き分け以上で3大会ぶり2度目の優勝が決まる一戦で開催国の韓国に完敗。アジアのライバルに大会3連覇を許した日本代表DF佐々木翔(広島)は「なかなか厳しい前半だった」と試合を振り返った。

 序盤から出足の速い韓国に対し、球際でも圧倒され、試合のリズムをつかめなかった。両ウイングバックが最終ラインに吸収される5バック状態となり、攻撃に出ようにも人数が足りない。「中盤のゾーンに運んだときに失うシーンが多かったし、一発を狙って失うシーンも多かった」。シュートまで持ち込める場面もほとんどなく、防戦一方のまま前半28分に失点した。

「僕たちが保持する時間が少なかったし、相手にボールを持たれる時間が長かった。押し込まれたところからもう一回押し込むところが足りなかった」。試合後は出場4チームの代表者がステージに上がり、表彰を受けた。日本は今大会のキャプテンを任された佐々木がその役目を担ったが、手にしたのは表彰盾のみ。優勝カップを掲げることはできなかった。

(取材・文 西山紘平)

●EAFF E-1選手権2019特集ページ

TOP