beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:明秀日立高(茨城)

このエントリーをはてなブックマークに追加

茨城3連覇を果たした明秀日立高

第98回全国高校サッカー選手権

明秀日立高(茨城)

明秀日立高関連ニュース


明秀日立高写真ニュース

▼全国大会日程
1回戦 1-0 高知高(高知)
[得点者]長谷川皓哉
2回戦 2-3 神戸弘陵高(兵庫)
[得点者]根本琳生2
■出場回数
3年連続4回目
■過去の最高成績
8強(17年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校総体出場3回
■監督
萬場努
■主将
FW関口順也(3年)
■今季成績
[総体](県準優勝)
県決勝 0-1 水戸商高
[リーグ戦]
茨城県1部リーグ3位(11勝2分5敗)
[関東大会](県4強)
県準決勝 0-2 水戸商高
[新人戦](県準優勝)
県決勝 2-3 鹿島学園高

■予選成績
3回戦 8-0 境高
準々決勝 2-0 水戸桜ノ牧高
準決勝 2-2(PK4-2)古河一高
決勝 1-0 鹿島学園高
■都道府県予選決勝布陣&決勝メモ
[3-4-2-1]
     原田昂洋  
 楠原秀翔    長谷川涼平
   大山晟那 中熊岳琉
中沢駿斗        石橋衡
  塙啓太   高橋琉偉
     鎌上翔平 
     友野沖翔

[決勝メモ] 
 2年連続の同カードとなった鹿島学園高との決勝は拮抗した1点ゲームとなった。一進一退の展開が続くと、明秀日立はMF大山晟那(3年)とMF中熊岳琉(2年)のダブルボランチが中盤を制し、ピッチの幅を使った攻撃を展開する。迎えた後半38分、途中交代の3選手が絡み、決定機を仕留めた。縦パスを受けた中熊がワンタッチで浮き球を入れ、FW海老原拓弥(2年)が頭で前線に送ると、MF長谷川皓哉(1年)がスルー。息の合った連携からFW根本琳生(1年)が左足で突き刺した。最後はパワープレーに出た鹿島学園の反撃に耐え、この1点を守った明秀日立が3連覇を達成した。

MOM:FW根本琳生(1年)
「途中出場途中交代も決勝点!」

■予選取材記者(編集部・佐藤)チーム紹介
夏からタフに這い上がり冬の覇者に。今年度初の全国へ

 17年度に選手権8強、昨年度は総体16強と近年は目覚ましい躍進を遂げている。今年度はインハイ決勝で涙を飲み、そこから這い上がって冬の覇者となった。
 フィジカルの優位性を生かし、セカンドボールを回収して素早く攻守を切り替えるチームの軸は主将MF大山晟那(3年)。大山が中盤の攻防を制し、狙いどころにパスをつけて攻撃を引き出す。後ろはDF高橋琉偉(3年)、DF鎌上翔平(3年)、DF塙啓太 (3年)がタフで粘り強い堅守を構築。能力の高いDF長谷川皓哉、FW根本琳生といった成長著しい1年生の台頭もチームを押し上げている。今年度初の全国の舞台となるが、「まずは2年前のベスト8という壁を超える」(大山主将)という目標に向かう。萬場努監督は今年のチームの特長を「求めていることを理解度高く対応できる」と評する。落とし込んだプレーモデルを試合で遂行できるという強み、一体感は全国でも大きな武器になるはずだ。
■予選取材記者(編集部・佐藤)注目選手
舵取り役の明秀主将
MF大山晟那(3年)
「広い視野から多彩なパスを繰り出し、攻撃のタクトを振る司令塔。技術に加えて球際の強さにも優れ、中盤を支配する。インハイ後にFWから本職のボランチに戻った」

最終ラインを統率
DF鎌上翔平(3年)
「冷静な危機察知で窮地を凌ぐ。塙啓太高橋琉偉とチャレンジ&カバーを徹底し、強固な守備組織を築く。セットプレーからの得点も武器」

攻守のバランサー
MF石橋衡(2年)
「アップダウンを繰り返し、的確な位置取りで攻守に幅広く顔を出す。状況判断に優れ、カバーリングを怠らない。複数ポジションを器用にこなす」
■過去の全国大会成績
【18年度 第97回(2回戦敗退)】
1回戦 1-0 大阪学院大高(大阪)
2回戦 0-1 星稜高(石川)
【17年度 第96回(8強)】
1回戦 3-0 高知西高(高知)
2回戦 1-0 星稜高(石川)
3回戦 1-1(PK5-3)大阪桐蔭高(大阪)
準々決勝 2-3 上田西高(長野)
【15年度 第94回(2回戦敗退)】
1回戦 2-1 四日市中央工高(三重)
2回戦 2-2(PK1-3)國學院久我山高(東京A)

■登録メンバーリスト
1 GK 鈴木眞斗(3年)
2 DF 石井涼雅(3年)
3 DF 塙啓太(3年)
4 DF 鎌上翔平(3年)
5 DF 高橋琉偉(3年)
6 MF 中熊岳琉(2年)
7 MF 長谷川涼平(3年)
8 MF 関口颯乃(3年)
9 FW 関口順也(3年)
10 MF 大山晟那(3年)
11 FW 楠原秀翔(2年)
12 GK 友野沖翔(3年)
13 DF 箕輪竜馬(2年)
14 FW 柴田翔(2年)
15 MF 石橋衡(2年)
16 FW 海老原拓弥(2年)
17 DF 長谷川皓哉(1年)
18 FW 根本琳生(1年)
19 FW 藤原裕也(3年)
20 MF 関口祐生(2年)
21 GK 谷口璃成(1年)
22 FW 菅原勇希(3年)
23 MF 中沢駿斗(1年)
24 MF 小久保良亮(3年)
25 DF 鈴木侑真(3年)
26 DF 片根魁(3年)
27 MF 根本岳音(2年)
28 FW 原田昂洋(3年)
29 FW 高野厚樹(3年)
30 MF 阿部拓夢(3年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2019

TOP