beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:徳島市立高(徳島)

このエントリーをはてなブックマークに追加

インハイで8強入りしている徳島市立高

第98回全国高校サッカー選手権

徳島市立高(徳島)

徳島市立高関連ニュース


徳島市立高写真ニュース

▼全国大会日程
2回戦 0-0(PK4-3)尚志高(福島)
3回戦 1-0 筑陽学園高(福岡)
[得点者]三倉頼真
準々決勝 0-4 静岡学園高(静岡)
■出場回数
2年連続17回目
■過去の最高成績
3回戦敗退(90、91、92年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校総体優勝1回(92年)、同出場18回、全日本ユース(U-18)選手権優勝1回(91年)
■監督
河野博幸
■主将
MF阿部夏己(3年)
■今季成績
[総体](全国8強)
県決勝 3-2 徳島北高
全国1回戦 0-0(PK5-3)佐賀北高(佐賀)
全国2回戦 0-0(PK5-4)帝京大可児高(岐阜)
全国3回戦 0-0(PK8-7)大分高(大分)
全国準々決勝 1-3 富山一高(富山)
[リーグ戦]
プリンスリーグ四国2位(12勝6敗)
[新人戦](県8強)
県準々決勝 2-3(延長)徳島科学技術高

■予選成績
2回戦 9-2 城ノ内高
準々決勝 8-1 富岡西高
準決勝 2-0 徳島商高
決勝 1-0 徳島北高
■都道府県予選決勝布陣図&決勝メモ
[3-4-3]
     石井嵩也
 木村広也    大野龍功
前田俊         平佑斗
   阿部夏己 川人太陽
 土田桜介    渡邉浩章
     田内悠貴
     中川真
[決勝メモ]
  3年連続の組み合わせとなった徳島北高との決勝。過去2年同様、1点を争う展開になるが、序盤から徳島市立がチャンスの数で上回っていく。すると後半36分、MF佐野博紀(3年)のクロスをMF中田舜貴(2年)が頭で合わせて決勝点。1-0で勝った徳島市立が2年連続で徳島県代表の座を射止めた。

■予選取材記者(編集部・児玉)チーム紹介
今夏インターハイPK戦3連破で8強
 
 今夏のインターハイでは4年ぶりに初戦を突破。PK戦を3回勝ち上がって8強まで進出した実力校だ。ただし、河野博幸監督によれば、お互いに指摘し合う選手が少ない特異な世代だという。そのことで冬に向けた士気の低さに不安を感じていたというが、イレブンはしっかりと徳島県予選を勝ち切ってみせた。
 チームの精神的支柱はMF阿部夏己主将(3年)。前回大会では初戦となった2回戦で流通経済大柏高に1-2で逆転負けを喫したが、ピッチでその悔しい思いを経験した選手も多く、リベンジの想いを強く持っている。得点力さえ向上すれば、安定した守備力をみせるだけに、大会のダークホースに躍り出る可能性も秘めている。
■予選取材記者(編集部・児玉)注目選手
チームの精神的支柱
MF阿部夏己(3年)
「プレー面でも精神面でもチームを支える大黒柱。“阿部以外の成長”も躍進のカギとなりそうだ」

右サイドを切り裂く攻撃のキーマン
MF平佑斗(3年)
「右サイドの突破力は驚異。仲間も『あいつが持てば走り込むだけ』と絶大な信頼を置いている」

長身ボランチ
MF川人太陽(3年)
「大人しい性格面の改善にも取り組んでおり、全国の舞台での大暴れを目指す」

■過去の全国大会成績
【18年度 第97回(2回戦敗退)】
2回戦 1-2 流通経済大柏高(千葉)
【16年度 第95回(2回戦敗退)】
1回戦 1-1(PK5-4)帝京長岡高(新潟)
2回戦 1-1(PK2-4)聖和学園高(宮城)
【14年度 第93回(1回戦敗退)】
1回戦 2-2(PK3-4)日大藤沢高(神奈川)
【13年度 第92回(2回戦敗退)】
1回戦 1-1(PK3-2)帝京長岡高(新潟)
2回戦 0-1 履正社高(大阪)
【11年度 第90回(2回戦敗退)】
1回戦 3-2 旭川実高(北海道)
2回戦 1-6 四日市中央工高(三重)
【01年度 第80回(1回戦敗退)】
1回戦 0-2 帝京三高(山梨)
【98年度 第77回(1回戦敗退)】
1回戦 1-3 岐阜工高(岐阜)
【97年度 第76回(2回戦敗退)】
2回戦 0-2 大船渡高(岩手)
【95年度 第74回(1回戦敗退)】
1回戦 0-2 前橋商高(群馬)
【94年度 第73回(2回戦敗退)】
1回戦 5-1 星稜高(石川)
2回戦 0-1 四日市中央工高(三重)
【93年度 第72回(2回戦敗退)】
1回戦 1-0 富山一高(富山)
2回戦 0-1 桐光学園高(神奈川)
【92年度 第71回(3回戦敗退)】
1回戦 4-2 大垣工高(岐阜)
2回戦 1-0 仙台育英高(宮城)
3回戦 1-1(PK7-8)習志野高(千葉)
【91年度 第70回(3回戦敗退)】
1回戦 4-1 盛岡市立高(岩手)
2回戦 4-1 北陽高(大阪)
3回戦 0-1 市立船橋高(千葉)
【90年度 第69回(3回戦敗退)】
2回戦 4-0 前橋育英高(群馬)
3回戦 0-1 習志野高(千葉)
【87年度 第66回(1回戦敗退)】
1回戦 0-0(PK1-3)佐野日大高(栃木)
【85年度 第64回(2回戦敗退)】
1回戦 2-0 金沢西高(石川)
2回戦 0-1 磐城高(福島)
■登録メンバーリスト
1 GK 中川真(3年)
2 DF 渡邉浩章(2年)
3 DF 土田桜介(3年)
4 DF 川人太陽(3年)
5 DF 田内悠貴(3年)
6 MF 中田舜貴(2年)
7 MF 大野龍功(2年)
8 MF 平佑斗(3年)
9 DF 前田俊(2年)
10 MF 阿部夏己(3年)
11 FW 木村広也(3年)
12 DF 三倉頼真(2年)
13 FW 石井嵩也(2年)
14 DF 二宮士(3年)
15 MF 野口蓮太(3年)
16 MF 佐野博紀(3年)
17 GK 米田世波(3年)
18 FW 槇野秋也(3年)
19 DF 工藤壮太(2年)
20 DF 久井光太朗(3年)
21 MF 岡田優哉(3年)
22 MF 黒田昂誠(2年)
23 GK 岩本侑真(2年)
24 MF 小林直人(2年)
25 MF 佐藤秀一(1年)
26 FW 前川泰聖(2年)
27 FW 中山湧愛(2年)
28 DF 山本紘輝(2年)
29 MF 藤島涼介(1年)
30 DF 大地勇悟(3年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2019

TOP