beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大迫は古巣戦も不発…年内ラストマッチも暫定16位低迷ブレーメンは4連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレーメンFW大迫勇也

[12.21 ブンデスリーガ第17節 ケルン1-0ブレーメン]

 ブンデスリーガは21日、第17節を行い、日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンケルンと対戦し、0-1で敗れた。3トップの中央で先発した大迫はフル出場したが、不発に終わった。

 前半39分、ケルンは後方からロングボールを入れ、こぼれ球をFWジョン・コルドバが押し込み、先制に成功した。古巣戦となった大迫は3-4-2-1の最前線でプレーも苦戦し、最後までゴールに絡めなかった。

 ブレーメンは0-1で敗れ、4連敗で年内ラストマッチを終えた。暫定16位に低迷。ウインターブレークを挟み、次節は来年1月18日のデュッセルドルフ戦となる。前半戦はわずか3勝と苦しんだが、後半戦で巻き返しを図れるか。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP