beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

新潟ユース育ちDF川口尚紀がレンタルから完全移籍!MF戸嶋祥郎も柏移籍で合意

このエントリーをはてなブックマークに追加

川口尚紀戸嶋祥郎が完全移籍

 柏レイソルは24日、アルビレックス新潟からDF川口尚紀(25)とMF戸嶋祥郎(24)が完全移籍で加入することを発表した。

 7月から期限付き移籍加入した川口は、柏でリーグ戦11試合に出場。クラブ公式サイトを通じて「このたび完全移籍で加入することになりました。2019シーズンは途中加入ではありますが、J2優勝そしてJ1昇格という素晴らしい経験をさせていただきました。ですが、個人としては納得のいくプレーができず悔しい思いもしました。2020シーズンはチームとしても個人としても、より良い結果を残し、より良いプレーができるように頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

 また、ユース時代から所属していた新潟を通じては「ユースのときから9年間、たくさんの方々に支えられ、選手としても人としても、多くの経験をさせていただきました。その中でも、いつも熱い声援で背中を押してくれた、新潟サポーターのみなさんには、心より感謝しています。小さい頃からの夢であったプロサッカー選手を、自分の地元クラブであるアルビレックス新潟でスタートさせることができ、憧れのビッグスワンのピッチに立って、厳しくも温かい、新潟サポーターのみなさんと共に戦えたことは、とても幸せでした。このたび、新潟を離れることを決断いたしましたが、また、みなさんに成長した姿を見てもらえるよう、努力をしていきます」と古巣サポーターに更なる成長を誓った。

 2018年に筑波大から新潟に加入した戸嶋は、今季リーグ戦34試合で1ゴールを記録。クラブ公式サイトを通じて「柏レイソルという国内主要タイトルの優勝経験やACL・クラブW杯の出場経験などの歴史をもつクラブから、評価し、必要としていただけていることを本当に嬉しく思います。また、柏レイソルの一員となれることを大変光栄に思います。このクラブに新たなタイトルをもたらすことができるよう、日々努力し闘うことを誓います。まずは、試合に出場し勝利に貢献すること、皆様に戸嶋祥郎を知ってもらうことを目標に、柏レイソルに関わる全ての方々に愛される人間、選手となることへ向かって精進してまいります。2020シーズンからよろしくお願いします」と新天地のファンに挨拶している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP