beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

前線トライアングルは前田&岩崎&安部か…U-22日本代表、合宿2日目でフォーメーション練習

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-22日本代表MF安部裕葵(バルセロナ)

 U-22日本代表は25日、28日に行われるキリンチャレンジ杯U-22ジャマイカ戦に向けて、長崎市内で2日目のトレーニングを行った。午前練習終了から約5時間後、全23選手が再びグラウンドに姿を現して午後の練習がスタートする。

 ランニングやボール回しで体を温めると、MF杉岡大暉(湘南)、GK山口瑠伊(エストレマドゥーラ)、GK谷晃生(G大阪)がフリーマンとなり、狭いエリアでの10対10に。強度を高めたトレーニングをこなすと、その後はシュート練習を行う。3人1組となり、パス交換からフィニッシュまで持ち込む形、攻撃3人、守備2人と3対2の形、くさびのボールを入れて展開する形といくつかのパターンの練習をこなすと、ハーフコートを使った11人対11人のフォーメンション練習に移行した。

ビブスなし(3-4-2-1)

   前田
 安部  岩崎
鈴木     長沼
 松本  中山
瀬古 岡崎 岩田
   山口

ビブスあり(3-4-2-1)

   一美
 三笘  旗手
東      福田
  高  松岡
コーチ 小林 大南
  谷(小久保)

 主力組と思われるチームの前線は1トップにFW前田大然(マリティモ)、シャドーにMF岩崎悠人(札幌)、MF安部裕葵(バルセロナ)が入ってトライアングルを形成することになった。なお、杉岡は負傷明けの影響もあって、フォーメーション練習には参加せずに別メニュー。全体を通して、約1時間30分のトレーニングをこなし、2日目の練習を終えている。

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

TOP