beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

長崎総科大附の異質のルーキー、MF別府史雅「一番の目標は全国制覇」

このエントリーをはてなブックマークに追加

長崎総合科学大附高の異質のルーキー、MF別府史雅

 第98回全国高校サッカー選手権が30日に開幕する。長崎総合科学大附高(長崎)は4年連続7回目の全国大会出場。名将・小嶺忠敏監督の指導の下、人間力を高め、対戦相手から怖れられるほどの走力、勝負強さによって台頭してきた長崎王者が過去最高成績の4強、それ以上を狙う。MF別府史雅(1年)はチームの中で異質の存在。中盤中央で見せるドリブル突破やスルーパスに注目のルーキーが、12月に試履きしたASICSのフットボールスパイク、新生『DS LIGHT』(1月24日発売予定)の感想や選手権への意気込みなどについて語った。

-『DS LIGHT』を着用した感想を教えて下さい。
「走って着地した時とか、スムーズに次の足に進めて、フィット感もあるし、ボールも蹴りやすかったのでとても良いと思いました」

―スムーズに足が動くことは試合終盤のプレーにも影響する?
「着地してもう一歩先に行けるかどうかというのは、キツい時とかに関わってくると思う」

―ストップアンドゴーの感想は?
「ポイントも刺さりすぎずという感じで、切り返しとかもググって行けたりしていました」

―走る部分の影響はどうかな?
「軽くて、走りやすいのはありました」

―このスパイクの特長は試合終盤で負担が少ないこと。普段の練習と今日比べて疲労度はどうだった?
「確かに負担は感じにくくて、いつもならば結構足に来ているなというのがあるんですけれども、今日は全然そんなことがなかったです」

―自分にとって走ることとは?
「サッカーって絶対に走らないといけないし、走らなくて良い場面なんてないので、当たり前のことというか、やっぱり走るのが基本だと思います」

―総附は走るイメージがある。
「めちゃめちゃ走るみたいに聞いていたけれど、中学校でも走っていたし、慣れるのは早くて、めちゃくちゃキツいとはあまり感じないですね」

―『DS LIGHT』のフィット感やデザインについて。
「フィット感は中ズレもあまりないし、デザインも白で、シンプルで格好良い」

―普段、スパイク選びで重視していることは?
「自分は中ズレしないことを一番重視しています」

―フィット感によってプレーは変わってくる?
「足裏とかも使うし、結構ボールを触るので、フィット感がないと足じゃなくて靴に当たっている感じになってしまう。そこが一番重要だと思います」

―球蹴男児U-16リーグでもパスやドリブルで目立っていた。改めて自分の特長は?
「パスですかね。中学校の時もよくドリブルしていたのでドリブルも」

―どんな選手になっていきたい?
「パス出してチャンスメークするけれど、自分で決める時はちゃんと決めるような選手になりたいと思っています」

―憧れの選手は?
「遠藤保仁選手とか。結構、憧れますね」

―ゲームメークやアシストすることが楽しい。
「自分のパスで味方が点を決めるのが楽しいです」

―選手権に出たらどのようなプレーを見て欲しい?
「第一は自分が楽しいプレーをしたいし、それで見ているお客さんとかが自分を見てくれたら良いし、それで勝ちに繋がるのが一番良いですね」

―高校3年間での目標を。
「一番の目標は全国制覇ですね。(1年生チームは)まだ切り替えとか、終盤のところで走れる体力とかもまだあまりない。ポゼッションとかも強いチームが相手だと蹴ってしまうところがあるので、3年間で改善点を見直していきたい」

―『DS LIGHT』を履いて全国大会に出たら、どのようなプレーができそう?
「トラップして一発で(DFの)逆とか、細かいところでも全然繋げそうだし、最後のシュートとかスルーパスで点を決めさせるようなプレーができるかなと思います」

TOP