beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

スーパー弾は幻も…森岡が好プレー連発のシャルルロワ、5-0大勝で2位浮上! 三好欠場のアントワープはドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF森岡亮太が好プレーを連発

[12.27 ベルギー・リーグ第21節 シャルルロワ5-0オーステンデ]

 ベルギー・リーグ第21節が27日に開催され、MF森岡亮太の所属する4位シャルルロワはホームで14位オーステンデと対戦し、5-0で勝利した。森岡は20試合連続でスタメン起用され、2-0の後半13分に追加点を演出。そのままフル出場を果たし、快勝に貢献した。

 シャルルロワは前半33分、FWシャマール・ニコルソンが右足のシュートを決めて先制。後半6分に左CKの流れから相手のオウンゴールでリードを広げると、同13分に森岡の右CKをファーのFWママドゥ・ファルが右足で蹴り込み、3-0とした。

 後半26分には森岡のスルーパスをきっかけにブルーノが獲得したPKをMFマルコ・イライマハリトラが右足で決める。さらに同34分、負傷により前半から頭部にバンテージを巻いてプレーしていた森岡が密集で4人の相手をかわしてフィニッシュに持ち込むが、右足のシュートはGKに止められた。

 シャルルロワは後半36分にカウンターからFWフランク・セドリク・ツァジューが決めて5-0。大勝で11戦負けなし(8勝3分)とし、2位に浮上した。

 また、他会場ではMF三好康児所属の2位アントワープが10位アンデルレヒトとホームで対決。0-0の引き分けに終わり、4位に後退した。負傷の三好は公式戦7試合連続でメンバー外となっている。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

TOP