beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ポストにバーに嫌われた鳥栖U-15…浦十藏「得点王と二冠の両方を逃して悔しい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

突破を止められたFW浦十藏

[12.28 高円宮杯U-15決勝 鳥栖U-15 0-2 G大阪JY 味フィ西]

 シュートは2度も枠に嫌われた。完封負けでの敗戦に、サガン鳥栖U-15のFW浦十藏(3年)は「チームに迷惑をかけてしまった」と責任を背負いこんだ。

 浦は夏のクラブユース選手権の決勝でチームを優勝に導く決勝弾を記録。今大会も準々決勝までのチーム全得点をたたき出す活躍をみせていた。

 準決勝を終えた時点で4ゴール。決勝で得点していれば、得点王(5得点)も獲得できた。それだけに、「目標にしていた得点王と二冠の両方を逃して悔しい」と声を詰まらせる。

 父親の文寿さんはアームレスリング全日本マスターズレフトハンド-70kg部門のチャンピオン。両親から「藏を10個持てるくらいお金持ちになってほしい」という願いをかけられて、「十藏」と名付けられた。

 テレビ朝日系のスポーツ番組『やべっちFC』を見てサッカーをはじめようと思ったという突貫小僧。もちろんこれからもサッカー道に邁進するつもりで、「ユースのうちにJデビューがしたい。1年生からプレミアリーグに出られるように頑張りたい」と目標を語った。

(取材・文 児玉幸洋)

●高円宮杯第31回全日本U-15選手権特設ページ

TOP