beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

V逸も後輩に託した鳥栖U-15MF楢原、U-15日本代表の経験も還元

このエントリーをはてなブックマークに追加

攻守にチームを牽引したMF楢原慶輝(3年)

[12.28 高円宮杯U-15決勝 鳥栖U-15 0-2 G大阪JY 味フィ西]

 サガン鳥栖U-15は惜しくも2冠を達成できなかった。今年の始動時に掲げた目標は九州リーグ、クラブユース選手権、そして高円宮杯の優勝。前者2つを成し遂げてきた鳥栖U-15は惜しくも冬の戴冠を逃したが、U-15日本代表MF楢原慶輝(3年)は「積み上げてきたものは出し切れた」と受け止めた。

 今大会は攻撃の起点として前線の3枚を動かしつつ、ゴールやアシストで勝利に導くと、強度の高い守備でハードワークに徹してきた。今年はU-15日本代表の活動にも継続して招集される中、その経験を生かし、チームを引っ張ってきた。ラオスで開催されたAFC U-16選手権2020予選でも主力として攻守に活躍。日の丸を背負い、海外遠征で大きな経験を積み、タフに戦った一年だった。

 尊敬するプレイヤーは若くして世界に挑戦するMF久保建英(マジョルカ)。久保のように、間で受けて前を向く楢原のプレーは今大会でも脅威となり、対戦相手も「9番は嫌なところで受けるのがうまかった」と唸っていた。そうしたプレーへの意識も森山佳郎監督が指導する代表活動でより磨かれ、鳥栖U-15に還元してきたものだ。

 試合後は「来年獲るから」と駆け寄ってきた後輩たちの言葉に感極まり、そして想いを託した。著しく成長を遂げたシーズンを終え、次のステージへ。「ユースに上がってからも年齢は関係なく、Aチームに絡んでいきたい」と目標を掲げ、貪欲に成長速度を上げていく。

(取材・文 佐藤亜希子)

●高円宮杯第31回全日本U-15選手権特設ページ

TOP