beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

選手権“隠れた”注目選手48選(東日本編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘディングの強さは抜群。日大藤沢高宮川歩己

 第98回全国高校サッカー選手権が12月30日に開幕した。J内定選手、年代別日本代表選手、各校のエースたちに注目が集まるが、全国48地区の都道府県予選決勝や準決勝を現地、映像でチェックした編集部・吉田が各チームの“隠れた”注目選手を一人ずつ、計48人ピックアップする。第1回は北海道~岐阜県までの東日本24選手を紹介。

北海高DF藪中海皇(3年)
└小柄だが大きなエンジン搭載の右WB。アップダウン注目
青森山田高DF内田陽介(2年)
└今年の山田のロングスロワー。対人守備の強さ含めて隠れたキーマン
専修大北上高FW岡本崇凱(3年)
└選手権予選初先発だった決勝で2発。推進力備えた“秘密兵器”
仙台育英高明石海月(1年)
└瞬時の加速でDF振り切り、左右両足からシュートを放つ
秋田商高DF田近奈生(3年)
└全国レベルと評されるヘッドが武器。秋商の“防波堤”
山形中央高DF庄司宙ノ介(2年)
└身長は176cm。落ち着いたポゼッションとタイミング良いボール奪取
尚志高FW阿部要門(2年)
└負傷欠場の染野に代わり「9番」。DFを弾き飛ばすようなドリブル、キープとシュート。

明秀日立高MF石橋衛(2年)
└チームのバランサー役を担う長身ボランチ。縦に入って行く動きも
矢板中央高GK藤井陽登(1年)
└シュートストップ秀で、県決勝ではPK戦で2本ストップ。青森出身
前橋育英高DF松岡迅(3年)
└「特長はヘディング」。夏から台頭してきた大型CB
昌平高MF小川優介(2年)
└ブレイク間近の技巧派ボランチ。ドリブル、パスで相手をいなす
市立船橋高MF町田雄亮(3年)
└市船の魂。球際、切り替え、運動量のテーマを体現する
國學院久我山高MF大窟陽平(2年)
└ボールを受ける動き、ターンは秀逸。DFが構える前にスルーパスを通す
東久留米総合高MF足立真(3年)
└都決勝で決勝アシスト。高精度のプレースキックとボール奪取特長
日大藤沢高宮川歩己(2年)
└県準決勝では頭で2発。日藤の砦は強力ヘッドに、局面変えるサイドチェンジも
日大明誠高DF西野隼人(3年)
└飛距離十分のロングスローに加え、右足FKも武器の右SB

帝京長岡高MF川上航立
└来年の柱はボックストゥボックスの動きでチームを活性化
松本国際高FW小林丈太郎(3年)
└180cmの長身アタッカー。柔らかいドリブルで相手の守りを攻略
富山一高FW吉倉昇空(2年)
└長身で技術力も備えた大器。層の厚いFW陣でも異質の存在
鵬学園高MF島田凌(3年)
└セカンドボールを回収し、スペースへの動きで攻撃に厚み
丸岡高DF遠藤悠生(3年)
└豊富な運動量で右サイドから押し込む。ロングスローも武器
静岡学園高DF田邉秀斗(2年)
└20~30mのスピードは鹿島内定MF松村と同等。本来CBだが今年はSBで勝負
愛工大名電高FW平井碧(3年)
└馬力とスピードある動きでゴールへ。PAでのアイディア、技術も光る
帝京大可児高MF遠藤颯(2年)
└配球力、セカンドボールの回収光る。攻守においてボールに絡むボランチ
四日市中央工高MF森夢真(3年)
└この中では知名度のある選手だが、あえて。精度高い縦パスとアイディアを表現する技術

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

TOP