beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アーセナルはエジル中心のチームへ?アルテタ「1人ですべてをこなすことはできないが…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

指揮官がMFメスト・エジルに大きな期待

 アーセナルミケル・アルテタ監督は、MFメスト・エジルに大きな期待を寄せているようだ。

 12月後半からアーセナルの指揮を執るアルテタ監督。内容に大きな改善が見られながらも、指揮した2試合では1分1敗。前節チェルシー戦は前半圧倒しながらも、後半に逆転を許してホームで敗戦(1-2)。難しい時期が続いている。

 ウナイ・エメリ前監督の下では出番を失っていたエジルだが、アルテタ監督の下では2試合連続先発出場。退団の噂も騒がれる背番号10だが、37歳指揮官は全幅の信頼を寄せている。エジル中心にチームを作ることも示唆した。

「それが私が望んでいることだ。彼は3、4日ごとにそのレベルを維持できると思う。そうするために、本人もすべてを捧げている。フィジカル面での値も非常に改善されており、彼自身も喜んでいるね。毎日のトレーニングで見たものを伝えることができるよ」

「驚きはない。能力は知っているし、スカッドのことはわかっている。彼のすべてを引き出すためには、組織が助けにならないといけない。1人ではできない。彼には組織、チームメイトが必要なんだ。1人ですべてを決められる選手なんて、世界には1,2人しかいないね」

「助けが必要であり、試合ごとに力を発揮させるためには、正しい方法でプレーするチームが必要だ。それが我々がトライしていることなんだ」

「彼の態度、熱意を毎日見て、我々のやり方を理解しているから出場している。他の選手よりも良い状態なら、私は彼を選ぶ。もしそれが変わったならば、プレーしないだろうね」

 現在12位に沈むアーセナル。浮上のためにもいち早く勝ち星が必要な状況で、1月1日にマンチェスター・ユナイテッドとの大一番に臨む。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP