beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場機会激減の久保裕也が1月にゲント退団か…直近リーグ戦12試合でプレーできず

このエントリーをはてなブックマークに追加

久保裕也が冬の移籍市場で退団か

 ゲントのFW久保裕也が冬の移籍市場で退団する可能性があるようだ。ベルギー『RTBF』が伝えている。

 2019年夏にレンタル先のニュルンベルクからゲントに帰還した久保。7月のヨーロッパリーグ予選ヴィトルル・コンスタンツァ戦では2ゴールの活躍を見せるも、その後出番は激減。直近のリーグ戦12試合でプレー時間がなく、ベルギー・ジュピラーリーグ3位と好調を続けるチームの中で、ここまで公式戦12試合の出場に留まる。

 十分な出番に恵まれない上、ベンチにも入れない日々が続く久保に対して、1月にゲントからの退団が浮上する。『RTBF』によると、夏の移籍市場で成功した同クラブは、冬に補強に動く可能性は少なく、その一方で人員整理を敢行するようだ。

 そして、退団の可能性が伝えられたのは、久保の他に、ジーン・リュック・ドンぺ、ディラン・ブロンの3選手。いずれの選手もなかなかイエス・トルップ監督の構想には入れていないようで、クラブが退団を許可したと報じられている。

 2016-17シーズンからゲントでプレーし、これまでに公式戦73試合で25ゴールをマークした久保は、出場機会を求めて新天地を求めることになりそうだ。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP