beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「絶対彼は暴れてくれる」「恩を返さないといけない」。前半のみで交代の注目MF谷内田が準々決勝で帝京長岡を白星へ導く

このエントリーをはてなブックマークに追加

帝京長岡高の京都内定MF谷内田哲平主将は準々決勝でチームメートに恩返しする

[1.3 選手権3回戦 帝京長岡高 5-0 神戸弘陵高 等々力]

 京都内定の注目MFが仲間たちへの恩返しを誓った。帝京長岡高(新潟)のMF谷内田哲平主将(3年/京都内定)は前半、スルーパスなどでチャンスメークするシーンもあったが、全体的に味方との距離感が悪く、パスミスが増加。前日に接触プレーの影響で足を攣らせたことも影響したか、守備時の遅れも見られるなど低調なパフォーマンスになってしまう。

 古沢徹監督らコーチ陣は0-0のハーフタイムにMF江上陽太(3年)との交代を決断。大黒柱の谷内田を前半で変えることは、これまでなかったことだ。それでも、コンディションの良い技巧派選手たちがベンチにも控えていることは帝京長岡の強み。江上が期待に応えてチームのテンポを上げたほか、「今までテツ(谷内田)に助けられた部分もたくさんあった」(DF吉田晴稀、3年)という各選手たちが主将のためにと奮闘し、5得点を奪い取った。

 古沢監督は「(交代は)本人の一番のモチベーションになるかなと。本人もへこたれることなく、次の準備をしてという感じなので、そういう部分では明後日やってくれるかな」と期待し、吉田晴も「彼も一番悔しいと思っているので、次の試合、絶対彼は暴れてくれると思っていますね」と確信していた。

 谷内田は交代後、仲間たちに「頼むぞ」と声がけし、ゴールシーンでは他のサブ組と一緒になって喜んでいた。谷内田は「アイツらならやってくれると思ったので、本当に今日勝てたことが素直に嬉しいです。みんな一緒に長くやってきたので(自分のために)そういう思いというのを言われて本当に嬉しかったですし、自分が出た時に恩を返さないといけないと思います」と宣言。感情をあまり表現するタイプの選手ではないが、悔しさを抱いていることは間違いない。準々決勝では必ずチームを勝たせるプレーをして、ピッチで仲間たちと勝利を喜ぶ。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2019

TOP