beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“PK4連勝GK”に脚光も「僻んだことはない」徳島市立の正GK中川が待望初勝利!

このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島市立高GK中川真(写真協力『高校サッカー年鑑』)

[1.3 全国高校選手権3回戦 徳島市立高1-0筑陽学園高 駒沢]

「やっとです(笑)」——。1-0で勝利した3回戦・筑陽学園戦の試合後、徳島市立高GK中川真(3年)は開口一番、待ち望んでいた瞬間への思いを表現した。徳島市立は今季の全国大会5勝目。しかし、それら全試合に先発出場していた正守護神がピッチ上で勝利を味わうのは初めてだった。

 徳島市立は今季、夏のインターハイで8強入りを果たした。しかし、1回戦から3回戦の勝利はいずれも0-0で迎えたPK戦を制したもの。またPK戦に備える中、チームは後半終了間際に“PK専門”のGK米田世波(3年)を投入するという分業制を敷いており、前後半を守り抜いた中川はPK戦ではベンチで支える立場だった。

「チームが勝つのが大前提。米田が自分のぶんまでPKを止めていた。活躍を僻んだことは一回もなくて、むしろうれしい」。中川がそう語るように、2人の守護神の間にピリピリとした関係性はない。米田も「普段はめっちゃ仲が良い。サッカーの時はお互い高め合う感じのライバル」と切磋琢磨する間柄を強調していた。

 もっとも、チームにとっても中川にとっても、PK戦での勝利が続いていくのは心許ない。「昨日からずっとチームで『1点取ろう』と言っていた」(中川)。「やっぱり一番は点を取って勝ってほしい」(米田)。「1点取って欲しいです。そのために練習しているので」(河野博幸監督)。前後半での勝利はいつしか悲願となっていた。

 そんな願いは全国6試合目にしてようやく叶った。前半22分、コーナーキックの流れからDF三倉頼真(2年)が待望の先制点を挙げると、得点を奪えなくても毎度のようにスコアレスに持ち込んだ自慢の堅守を80分間通して披露。中川も相手のクロスやロングボールに勇気を出して飛び出し、安定したキャッチングでピンチを未然に防いだ。

「「(3バックの)田内とか、渡邉とか、三倉の3人がうまく弾いてくれて、自分もうまく出ることができて良かった。3人ともヘディングは強いし、自分はクロス対応がストロングポイントだとも思っている。セカンドボールも(ボランチの)阿部と川人がずっと拾ってくれて、本当に助かりました」。

 これで夏に続いての全国8強。徳島市立にとっては史上最高成績に到達した。それでも中川は「全然満足していない」と語る。「今日は切り替えて、明後日の静学戦に向けて一戦一戦勝っていければ」。準々決勝の相手は高い技術を誇る静岡学園高(静岡)。強敵であることは疑いないが、「0-0でずっと上がってきているし、点を取られないことが負けない理由」という堅守を支え続けるつもりだ。

(取材・文 竹内達也)
●【特設】高校選手権2019

TOP