beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

酒井宏樹は20年初戦で退場処分に…マルセイユは仏国内杯で4部にPK辛勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF酒井宏樹は退場処分に

[1.5 フランス国内杯ラウンド64 トレリサック1-1(PK2-4)マルセイユ]

 クープ・ドゥ・フランス(フランス国内杯)は5日にラウンド64を行い、DF酒井宏樹が所属するマルセイユは仏4部のトレリサックFCと対戦。1-1のPK戦の末、4-2で勝利した。酒井は左サイドバックで先発したが、後半終了間際に2回の警告を受けて退場処分となった。

 マルセイユは開始早々にGKヨアン・プレのキックが相手選手のブロックに遭い、ボールの跳ね返りがそのままゴールに吸い込まれて失点を喫する。しかし前半20分にはMFディミトリ・パイェの鮮やかなループシュートで同点に追いついた。

 1-1で迎えた後半終了間際、酒井は2回の警告を受けて退場処分に。マルセイユは数的不利の中で延長戦を戦い、そのままPK戦で辛くも勝利を得た。

 酒井は2020年の初戦で勝利を収めたものの、自身は退場処分というスタートに。なお、この試合の退場による出場停止処分は今月10日のリーグアン第20節・レンヌ戦に適用される。

●海外組ガイド
●クープ・ドゥ・フランス(フランス国内杯)2019-20特集
●フランス・リーグアン2019-20特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP