beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ミラン指揮官ピオリ「もっとイブラを探すべき。チームが彼の存在に慣れていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミランに復帰したFWズラタン・イブラヒモビッチ

 ミランのステファノ・ピオリ監督が、6日のサンプドリア戦終了後、インタビューに応じて試合を振り返った。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が6日に伝えている。

 2019年最終戦でアタランタに0-5と屈辱的敗戦を喫したミランは6日、2020年の初戦となるセリエA第18節でサンプドリアとホームで対戦。7年半ぶりにチームに復帰したFWズラタン・イブラヒモビッチを迎えて心機一転、勝利を目指したが、順位表で下位に沈む相手からゴールを奪えず、スコアレスドローに終わった。ピオリ監督は悔しさをにじませた。

「リーグ戦再開を勝利で飾りたかったが、実現できずに落胆している。自分たちの試合をし、幾度となく相手陣内でボールを保持したが、クオリティが足りなかった。クオリティなしには試合に勝つことは難しい。意欲はあったが、良いシチュエーションが足りなかった。全員がもう少しクオリティを高くしなければならない。パスにより正確性やクオリティが必要だったし、こぼれ球をもっと上手く拾いに行かなければならなかった。勝てなかったのは残念だ。ベルガモでの無残な敗戦が尾を引いていて、この試合に至るまで苦しめられてきた。幸運は自ら探しに行かなければならないもの。今日の勝利を望んでいただけに少々がっかりだ」

 さらにミラン指揮官は、サンプドリア戦の後半10分にFWクシシュトフ・ピョンテクに代わってピッチに入り、ミランで2度目のデビューを飾ったイブラヒモビッチに言及。デビュー戦でゴールを奪うことはできなかったが、チームにとって重要な存在であることを強調した。

「イブラの加入は明らかにポジティブだった。すぐにチームの支えとなってくれたが、選手たちはまだその存在に慣れていない。試合終盤はもっと彼を探すことができたはず。彼のフィジカルがあることで、我々の選択肢が増える」

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP