beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

2連覇中マンCが先勝!B・シウバ全得点に絡む活躍で敵地マンチェスター・ダービー制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベルナルド・シウバが全得点に絡む活躍

[1.7 カラバオ杯準決勝第1戦 マンチェスター・U 1-3 マンチェスター・C]

 カラバオ・カップ(リーグ杯)は7日、準決勝第1戦をオールド・トラッフォードで行い、マンチェスター・シティマンチェスター・ユナイテッドを3-1で下し、先勝した。第2戦は29日にエティハド・スタジアムで行われる。

 2020年に入って未勝利のユナイテッドは、4-2-3-1を採用し、守護神はダビド・デ・ヘア。最終ラインは右からアーロン・ワン・ビサカ、ビクトル・リンデレフ、フィル・ジョーンズ、ブランドン・ウィリアムズと並び、アンドレアス・ペレイラとフレッジがボランチでコンビを組み、2列目は右にダニエル・ジェームズ、左にマーカス・ラッシュフォード、トップ下にジェシー・リンガード、そして1トップはメイソン・グリーンウッドが入った。

 公式戦3連勝中のシティは4-3-3を採用。GKはクラウディオ・ブラーボ、DFは右からカイル・ウォーカーフェルナンジーニョニコラス・オタメンディバンジャマン・メンディと並び、アンカーはロドリ、インサイドハーフはケビン・デ・ブルイネイルカイ・ギュンドガンが務め、3トップは右にリヤド・マフレズ、左にラヒーム・スターリング、中央にはベルナルド・シウバが入っている。

 試合は前半17分に動く。右サイドでウォーカーのパスを受けたB・シウバがカットインしてPA右手前から左足を一閃。豪快な一発がゴール左隅に突き刺さり、シティが先手を取った。

 その後もシティは前線からのチェイス、正確なパス回しでユナイテッドを圧倒。防戦一方のホームチームはなかなかゴールに迫ることができず、後方から最終ラインの裏を狙ったロングパスを送るも、GKブラーボにスペースを埋められ、ほとんどチャンスを作れなかった。

 すると、シティは前半33分に追加点。センターサークル内でセカンドボールを回収したB・シウバがスルーパスを送ると、リンデレフのスライディングも届かず、マフレズが裏への抜け出しに成功。ファーストタッチでGKデ・ヘアを難なくかわし、無人のゴールに流し込み、2-0とリードを広げた。

 さらにシティは前半38分、自陣でのインターセプトからパスを回し、ハーフェーライン手前からB・シウバがマフレズへスルーパス。カバーに入ったB・ウィリアムズにカットされるも、並走していたデ・ブルイネにつながり、PA左で華麗な切り返しでP・ジョーンズをかわして左足を振り抜く。これはGKデ・ヘアにブロックされたが、A・ペレイラに当たってオウンゴールとなり、前半を3-0で終えた。

 厳しい状況となったユナイテッドは、後半開始からリンガードを下げてMFネマニャ・マティッチを投入。後半もシティペースで試合は進んだが、19分にFWアンヘル・ゴメスを入れると、25分にユナイテッドが1点を返す。ハーフェーライン手前でパスカットしたグリーンウッドがそのままドリブルで運び、左から斜めに走り込んだラッシュフォードがPA右から右足シュートを流し込み、反撃の狼煙を上げた。

 さらにユナイテッドは後半36分にFWアントニー・マルシャルを投入。攻勢を強め、ラッシュフォードが鋭いミドルシュートを放つなど、最後まで諦めない姿勢を示したが、追いつくことはできず、3-1のままタイムアップ。シティが敵地で先勝し、3年連続決勝進出に大きく前進した。

●プレミアリーグ2019-20特集
●カラバオ杯2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP