beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

五輪イヤー初戦黒星…U-23日本代表、食野弾で一時追い付くもサウジに敗れる

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-23日本代表MF食野亮太郎(ハーツ)

[1.9 AFC U-23選手権GL第1節 U-23日本代表1-2U-23サウジアラビア代表]

 U-23日本代表は9日、タイのタマサート・スタジアムでAFC U-23選手権初戦・U-23サウジアラビアを迎えた。前半を0-0で折り返した試合は、後半3分にサウジアラビアに先制を許しながらも、同11分にMF食野亮太郎(ハーツ)の得点で追い付く。しかし、後半43分に決勝点となるPKを沈められて1-2で敗れた。

 U-23日本代表は3-4-2-1のシステムを採用し、GKに大迫敬介(広島)、最終ラインは右からDF渡辺剛(FC東京)、DF岡崎慎(FC東京)、DF古賀太陽(柏)、ボランチにMF田中碧(川崎F)とMF田中駿汰(大阪体育大→札幌)を配置。アウトサイドは右にMF橋岡大樹(浦和)、左にMF杉岡大暉(湘南→鹿島)、インサイドハーフにMF旗手怜央(順大→川崎F)とMF食野亮太郎(ハーツ)を並べ、1トップにはFW小川航基(水戸→磐田)が入った。[スタメン&布陣はコチラ]

 序盤はサウジアラビアにゴールに迫られるシーンを作られる。前半7分にはMFアリに鋭いミドルシュートを放たれるがわずかに枠を外れ、同9分には右サイドから切れ込んだFWアルハムダンに強烈なシュートを枠内に飛ばされるが、大迫の好セーブで得点を許さなかった。

 すると、徐々に日本がリズムを生み始める。最終ラインの中央に入る岡崎、ボランチの田中駿汰、田中碧が積極的に縦パスを打ち込んで攻撃をスピードアップさせ、ワンタッチを織り交ぜた素早いパスワークでサウジアラビアゴールに迫る。前半24分には左サイドから切れ込んだ食野、同26分には田中駿汰のスルーパスを受けた旗手がフィニッシュまで持ち込むがネットを揺らすには至らなかった。

 前半30分にはカウンターから危機を招き、MFガリーブに決定的なシュートを放たれるが横っ飛びした大迫が右手1本で弾き出すスーパーセーブ。同37分には日本が決定機を創出する。橋岡のパスを呼び込んだ田中駿汰が縦パスを打ち込むと、小川がヒールで流して旗手が完全に最終ライン裏に抜け出す。GKヤミとの1対1を迎え、GKまでかわしたものの、角度のない位置からシュートまで持ち込めなかった。

 ともに好機を生み出しながらも0-0のまま後半を迎えると、同3分に先制点を献上。PA内までドリブルで運んだガリーブに岡崎と古賀が寄せると、ドリブルが長くなったところに走り込んだフライフに蹴り込まれ、スコアを0-1とされてしまう。

 1点のビハインドを背負った日本は同7分、食野のCKのこぼれ球に反応した橋岡が狙うも、相手選手のブロックに遭う。しかし同11分、杉岡のパスを受けた食野が中央に持ち出して放ったシュートが、相手選手に当たってコースが変わるとゴールマウスに収まり、試合を振り出しに戻した。

 後半27分には日本ベンチが動き、小川に代わってFW上田綺世(鹿島)がピッチへと送り込まれる。同33分にはこぼれ球を拾った杉岡が強烈な左足シュートでゴールを脅かすが、GKの正面を突いてしまった。すると同40分、バックパスのミスを奪われ、PA内に侵入を許したFWブライカーンを岡崎が倒してしまう。VARが介入した結果、サウジアラビアにPKが与えられると、ガリーブに沈められて1-2で敗れた。

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

TOP