beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

五輪イヤー幕開けもアジアで黒星…U-23森保監督「連係のミスが出た」

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-23日本代表の森保一監督

[1.9 AFC U-23選手権GL第1節 U-23日本代表1-2U-23サウジアラビア代表]

 東京五輪イヤーは苦難の幕開けとなった。U-23日本代表は9日、五輪予選を兼ねるAFC U-23選手権グループリーグ初戦でサウジアラビアに1-2で敗戦。同組のシリア対カタールは引き分けに終わったため、最下位スタートを強いられた。

 タイで開催中のAFC U-23選手権は3位以内に東京五輪出場権が与えられるビッグタイトル。日本は開催国枠で出場権を得ているが、欧州や南米から強豪が参戦してくる本大会でのメダル獲得を目指すのならば、負けられない大会となる。

 ところが、新年初戦は厳しい結果に終わった。スコアレスで迎えた後半3分、ドリブル突破を許して先制点を献上すると、同11分にはMF食野亮太郎(ハーツ)のシュートで同点に追いついたが、同40分にはバックパスのミスからPKを与えて万事休す。これを決められ、スコアは1-2で終わった。

 森保一監督は「まずはスタジアムで応援してくれた方、日本でテレビを見て応援してくれた方に勝利を届けられず残念」と敗戦の弁。「難しい試合になると思っていた。先制されて追いついて、そこから選手たちが試合を支配して勝ちに持っていければ良かったが、連係のミスが出たというところで痛い敗戦になった」と終盤での失点を悔やんだ。

 初戦黒星の日本は12日にシリア戦、15日にカタール戦を控える。「まだ2戦が残っているので次の一戦に向けて最善の準備をしたい」と意気込んだ指揮官は「シリアの試合を見ても非常にボールに向かってくる守備をして、攻撃を組み立ててくる。球際のところで相手を崩していけるよう、勝ち点3を取れるように準備したい」と次戦に力を込めた。

▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

TOP