beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

なぜ、痛恨のミスが生まれたのか…3選手が振り返った“あの瞬間”

このエントリーをはてなブックマークに追加

左からDF古賀太陽、DF岡崎慎、GK大迫敬介

[1.9 AFC U-23選手権GL第1節 U-23日本代表1-2U-23サウジアラビア代表]

 痛恨のPK献上となった――。1-1で迎えた後半40分、まさかのミスが発生した。自陣左サイドでボールを受けたDF古賀太陽((柏)がバックパス。しかし、後方に構えるDF岡崎慎(FC東京→清水)には合わず。ボールをFWブライカーンに奪われると、PA内で岡崎がファウルを犯してPKを献上。このPKをMFガリーブに沈められ、初戦を1-2で落とした。

 古賀は振り返る。「僕としてはマコ(岡崎)に出したつもりだった」。しかし、ボールは岡崎の後方へと向かう。「明らかにずれてしまった」。完全なパスミスとなった。

 岡崎は振り返る。「自分的には太陽からサコ(大迫)に目が合っていると思った。パススピードが緩かったので、『自分かな』と思ったけど、球筋がサコの方だった」。自分に出されたパスではなく、GK大迫敬介(広島)へ出されたパスだと感じた。だが、この一瞬の判断の遅れが命取りとなった。

「右から相手選手が来ているのは見えていた。自分が一つ、『うっ』となって遅れたことで置き去りにされてしまった。あのミスは自分のせいだと思っている」。スピードに乗ったブライカーンにボールを奪われてしまった。

 大迫は振り返る。「太陽くんのパスはマコくん(岡崎)へのものだと思い、僕はマコくんから受けようと思って少し下がり、時間を作ろうと思っていた」。ゴールマウス手前までポジションを下げた大迫だったが、相手選手にボールを奪われると、すぐさま距離を詰める。

「その後はうまく時間を作ろうとして対応できた」と大迫。そして、「サコが中を切ってくれたので、相手が左に抜くのは分かった」と感じた岡崎だったが、「相手のタイミングと自分のタイミグで足が当たってしまった」とブライカーンをPA内で倒してしまう。VARが介入した結果、サウジアラビアにPKが与えられた。

 失点の要因となったパスミスを犯した古賀は「まずは本当にチームの皆に申し訳ないと思っている。自分の責任だし、最低でも勝ち点1を取らないといけない試合だった」と声を落とし、結果的にPKを与えた岡崎は「終盤のあの時間帯に失点というのは、本当にDFとしてありえない」と唇を噛んだ。

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

TOP