beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「海外のチームを含め模索中です」長崎MF黒木が退団を発表、DF鹿山は契約更新

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF黒木聖仁が長崎を退団

 V・ファーレン長崎は10日、DF鹿山拓真(23)と2020シーズンの契約を更新したことを発表した。2019シーズンはルヴァン杯8試合、天皇杯5試合に出場した。クラブを通じて、「チームとしても個人としても悔しさが残るシーズンでした。こんなに悔しい思いをした1年は、私のサッカー人生ではじめてでした。この悔しさを2020シーズンに思いっきりぶつけます!」とコメントを発表した。

 一方、MF黒木聖仁(30)の退団が決定したことを発表した。19年はJ2リーグ12試合、ルヴァン杯3試合、天皇杯3試合に出場した。クラブを通じて、以下のコメントを発表している。

「V・ファーレン長崎のファン、関係者の皆さま。この度、自ら退団することを決めました。現在チームは決まってませんが、海外のチームを含め模索中です。今後については、あらためて、報告させていただきます。

 長崎に在籍した4年間、本当にお世話になりました。今回、自分が選んだ道は、厳しい道です。ファン・サポーター含め、長崎で出会ったかけがえのない方々に対して、本当に申し訳なく思っています。試合に出られない日々も、ずっと応援してくれたファンのみなさんや、息子のように可愛がってくれたみなさん、ありがとうございました。僕の大きなモチベーションでした。これからも長崎を支え続けてください。この先、長崎がひとつになって、日本を、アジアのチームを引っ張ってくれる存在になることを願っています。影ながら応援しています。本当に、ありがとうございました」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●2020シーズン新体制&背番号一覧
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP