beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

史上初の屈辱…U-23日本代表、2連敗でグループリーグ敗退

このエントリーをはてなブックマークに追加

2連敗のU-23日本代表はグループリーグ敗退が決定した

[1.12 AFC U-23選手権GL第2節 U-23日本代表 1-2 U-23シリア代表]

 U-23日本代表は12日、タイのタマサート・スタジアムでAFC U-23選手権第2戦・U-23シリア戦を迎えた。前半9分にPKでシリアに先制された日本だが、同30分にMF相馬勇紀(鹿島→名古屋)の得点で同点に追い付く。しかし、後半43分にカウンターからシリアに決勝点を献上して1-2の敗戦。敗れた日本は2連敗でグループリーグ敗退が決定し、同大会史上初めて決勝トーナメント進出を逃す屈辱を味わうこととなった。

 日本は9日の第1節サウジアラビア戦(●1-2)から先発6人を変更。3-4-2-1のシステムを採用し、GKに大迫敬介(広島)、最終ラインは右からDF渡辺剛(FC東京)、DF岡崎慎(FC東京)、DF町田浩樹(鹿島)、ボランチにMF齊藤未月(湘南)とMF松本泰志(広島)を配置。アウトサイドは右にMF橋岡大樹(浦和)、左に相馬、インサイドハーフにMF食野亮太郎(ハーツ)とMF森島司(広島)を並べ、1トップにはFW上田綺世(鹿島)が入った。[スタメン&布陣はコチラ]

 初戦を落としている日本は、敗れればグループリーグ敗退が決まる崖っぷちの状況でシリア戦を迎えた。前半5分にはシリアにカウンターを発動され、スルーパスから抜け出したFWバラカトにPA内からシュートを放たれるも、大迫が弾き出して難を逃れる。しかし、そのプレーで与えたCKの流れから町田がDFアルナウトの顔面を蹴ってしまい、VARが介入した結果、PKを献上。前半9分、このPKをバラカトに沈められ、いきなりシリアに先制を許してしまう。

 1点のビハインドを背負った日本は前半18分、森島のCKを町田がヘディングで合わせるが相手選手にクリアされる。同26分には森島のパスを食野がスルーし、後方で受けた上田が持ち出して右足シュートを狙うも、ボールはゴール左に。さらに同28分には相馬のクロスをPA内で受けた橋岡が強烈なシュートを枠内に飛ばす。しかし、GKガンナムに弾き出されてしまうなど、なかなか得点へと結び付けられない。

 しかし前半30分、波状攻撃を仕掛けた日本がついにシリアゴールをこじ開ける。上田のシュートは相手選手にブロックされ、こぼれ球は最終ラインの岡崎の元へ。岡崎の鋭いパスを左サイドで受けた相馬が中央に切れ込んで放ったシュートは一度はブロックされるも、こぼれ球を相馬自らがPA外から右足で蹴り込み、試合を振り出しに戻した。

 1-1のまま後半を迎えると、ともに勝ち越し点を奪えずに試合が進む。後半22分には日本ベンチが動き、食野に代えてMF田川亨介(FC東京)がピッチへと送り込まれる。同32分には日本をアクシデントが襲い、負傷した渡辺がプレー続行不可能と判断され、DF立田悠悟(清水)との交代を余儀なくされた。

 後半38分には日本が決定機を創出する。齊藤のロングパスに走り込んだ右サイドの橋岡が鋭いクロスを供給。しかし、走り込んだ上田がダイレクトで合わせたシュートはゴール左に外れてしまった。同41分には森島に代えて最後のカードとなるMF旗手怜央(順大→川崎F)を投入。しかし、スコアを動かしたのはシリア。同43分、カウンターからFWダリにネットを揺らされ、1-2の黒星を喫することになった。

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

TOP