beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

怒り、悔しさ…U-23相馬、史上初の屈辱に声震わせる「戦えていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[1.12 AFC U-23選手権GL第2節 U-23日本代表 1-2 U-23シリア代表]

 怒り、悔しさ。感情が声を震わせた。前半30分にミドルシュートで同点弾を決めたU-23日本代表のMF相馬勇紀(名古屋)は「自分を含め、まず戦うというベースのところを叩き直さないといけない」と険しい表情で振り返った。

 史上初の屈辱。AFC U-23選手権で初めて決勝トーナメントに進出することなく敗退。東京オリンピック予選も兼ねる今大会で、日本はホスト国のため出場権をすでに持っているが、不安を大いに残す結果になった。

 相馬は「チームとしての崩しはバリエーションが増えてきているが、結局、失点も得点も最後は個人のところになる」と力説。「戦えていなかったからこういう結果になった。一人ひとりが1対1で負けちゃいけない」と自らにも言い聞かせるように話した。

▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

TOP