beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

東京五輪を目前に危機的惨敗…U-23森保監督は選手に期待「勝負勘を培ってもらえれば」

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-23日本代表の森保一監督

[1.12 AFC U-23選手権GL第2節 U-23日本代表 1-2 U-23シリア代表]

 東京五輪開幕まで約半年、U-23日本代表は大きな危機に瀕している。五輪予選にあたるAFC U-23選手権で2連敗し、同大会で史上初のグループリーグ敗退が決定。開催国枠での五輪参加権こそ保持しているものの、アジアの戦いで厳しい現実を突きつけられた。

 試合後、フラッシュインタビューに応じた森保一監督は「選手たち、スタッフは非常にいい準備をしてくれた。先制点を許したものの、勝利できたかもしれない状況で2試合とも落とした。勝負強さを詰めていかないといけない」と神妙な表情で語った。

 そのうえで「攻撃の回数はあまり受けていないが、相手のカウンターをしっかり止められるところ、最後の時間帯で苦しくなったところでしっかりしのぐというのは試合の前から言っていた。若い選手たちが勝負勘をこれから培っていってもらえれば」と選手への期待を絞り出した。

 この結果で勝ち点4でトップグループを形成するサウジアラビア、シリアに対し、最下位の日本は勝ち点0。第3戦・カタール戦(15日)の結果にかかわらず、経験を積むことが求められる大会をわずか3試合で去ることが決まった。

 指揮官は「われわれはこの3試合になったとしても全力を尽くして戦っていくし、われわれを応援してくれる方々に戦う姿勢を最後までチームとして見せていく。選手たちにもこの悔しさを次の成長の糧にしてもらえるようもう一戦がんばっていきたい」と力なく語った。

▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

TOP