beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

負けて感じた「気持ちの差」…DF渡辺剛「相手との違いは大きかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

負傷交代するU-23日本代表DF渡辺剛(FC東京)

[1.12 AFC U-23選手権GL第2節 U-23日本代表 1-2 U-23シリア代表]

 今大会チームキャプテンを任された。しかし、結果がついてこなかった。U-23日本代表DF渡辺剛(FC東京)は「間違いなく、自分の力が足りなかったというのを感じた」と声を落とした。

 シリア戦では前半9分にPKで先制点を献上したものの、その後は主導権を握って試合を進める。前半31分にはMF相馬勇紀(鹿島→名古屋)の一撃で追い付き、圧力を強めるかと思われた。しかし、勝ち越しゴールはなかなか生まれず。後半33分には渡辺をアクシデントが襲い、「地面に持っていかれて、左足首をねんざした感じ」という負傷。プレー続行不可能と判断され、DF立田悠悟(清水)との交代を余儀なくされた。

 勝ち越しゴールを奪えなかったチームは、後半44分にカウンターから決勝点を献上。1-2の敗戦を喫し、2連敗でグループリーグ敗退が決定した。

 最後、自身はピッチには立っていなかった。しかし、初戦サウジアラビア戦の後半43分にPKで決勝点を奪われていたこともあり、「試合の入りや終わりの部分、そこは絶対に集中して入ろうとした」と警鐘を鳴らしていた。しかし、同じような幕切れに、「1戦目の反省を生かせなかったのは自分の責任でもある」とキャプテンマークを巻く男としての責任も感じた。

 今大会は東京五輪最終予選を兼ねているが、開催国の日本はすでに出場権を獲得している。森保一監督、選手たちは「生き残りが懸かっているので、モチベーションの心配はない」と語り、渡辺自身も「相手と、気持ちの部分での差は絶対になくしたいと思って入った」と試合に臨んでいた。しかし、実際に試合を経験して感じたのは、「気持ちの差」だった。

「試合をやり、負けて感じるのは、正直、相手との違いは大きかったし、どこかに気持ちの差が生まれていると感じた。相手の方が強い気持ちが出ていて、それは自分も含めて全員が感じたと思う」

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

TOP